Uncategorized

【ランニング初心者】走るために必要な「服装の基本アイテム」7選!

ランニングには

  • ストレス解消
  • 脂肪燃焼効果
  • 生活習慣病の予防
  • 体力向上

といった、さまざまなメリットがあります。

ひとりで気軽におこなえる点も、大きな魅力です。

そうした理由から、

  • ランニングに興味がある!
  • ランニングを始めてみたい!

と思っている方は、多いのではないでしょうか?

しかし、いざ始めようとしたとき、

  • どんな服装で走ればいいんだろう…
  • 何を準備したらいいんだろう…

と悩んでいたりしませんか?

この記事では、

そんなランニング初心者の方に向けて、

「ランニングの服装の基本」とも言える

“7つのアイテム”について紹介していきます。

自身の10年以上に渡るランニング経験をもとに、

「安心&快適」に走るために必要なアイテムを、厳選して選びました。

この記事を読むことで、

ランニングを始めるために「必要なもの」が明確に分かります。

服装選びの悩みを解決して、

思う存分ランニングを楽しんでいきましょう。

ランニングシューズ

ランニングシューズのイメージ

ランニングを始める際、

最初に用意したいアイテムが「ランニングシューズ」です。

  • ランニングシューズの特徴
  • 選び方のポイント

について解説していきます。

ランニングシューズの特徴

ランニングシューズの特徴をまとめました。

  • クッション性が良い(着地の衝撃を抑えるために、高性能な“クッション材”が使用されている)
  • 安定感がある(ホールド感に優れ、着地の際のブレが少ない)
  • 蒸れにくい(“メッシュ素材”が多く用いられ、通気性が良い)
  • 軽い(同様の理由により、一般的なシューズに比べて軽量)
  • 丈夫で長持ち(地面に接する“ソール部分”がすり減りにくい)

ランニングシューズは、

「走りやすさ」が圧倒的に違います。

ケガの予防にも役立つので、必ず用意しておきましょう。

ススム

ランシューならではの履き心地の良さを

ぜひ実際に体験してみてください。

初心者用モデルを選ぼう

ランニングシューズを選ぶときは、

必ず「初心者用モデル」の中から選びましょう。

ランニング時の着地の衝撃は、

自分の体重の約3倍と言われています。

ランニング初心者は足の筋力が弱く、

その衝撃に耐えられない危険性があります。

ケガを防ぐためにも、クッション性が重視されている、

初心者用モデルを選ぶと安心です。

  • アシックス「GT-2000(ジーティー2000)」
  • アシックス「GEL-KAYANO(ゲルカヤノ)」
  • ミズノ「WAVE RIDER(ウエーブ ライダー)」
  • ナイキ「ナイキ エア ズーム ペガサス」

これらのシューズは、

長年多くのランナーから支持されてきた、

初心者用の定番モデルです。

選んでおいて間違いありません。

ススム

上記で紹介したモデルは中・上級者ランナーの

練習用、ジョギング用としても人気が高いです。

同じサイズのシューズでも、

メーカーによって

  • 長さ
  • 高さ
  • フィット感

に微妙な違いがあるため注意が必要です。

シューズを選ぶ際は、

一度試し履きしてみることをオススメします。

ランニングウェア

ランニングウェアのイメージ

次に紹介するのが、「ランニングウェア」です。

快適なランニングを目指すには、

欠かせないアイテムと言えます。

  • ランニングウェアの特徴
  • 基本コーディネート

について解説していきます。

ランニングウェアの特徴

ランニングウェアの特徴は、

生地にポリエステル素材が使用されていることです。

ポリエステル素材は、通気性・速乾性に優れているため、

ランニング中の汗を素早く処理することができます。

かいた汗がそのままになってしまうと、

  • ベタついて不快に感じる
  • 汗を吸ってウェアが重くなる
  • 濡れたウェアが肌に張り付き、腕や脚の動作の妨げになる
  • 汗冷えする

といった、さまざまな問題が発生します。

ポリエステル素材で作られたランニングウェアを着ることで、

汗によるストレスが解消され、気持ち良く走れるようになります。

基本コーディネート

基本的なウェアの組み合わせを紹介します。

上半身のウェア

  • Tシャツ(半袖、長袖)
  • ノースリーブシャツ(袖なし)

下半身のウェア

  • ショートパンツ(膝上丈がおすすめ)
  • ロングパンツ
  • ランニング用タイツ(パンツの代わりにタイツを使用する“タイツ派”のランナーも多い)

の中から選んでもらえればOKです。

ススム

早朝や夜間の涼しい時間帯に走る場合、

ウィンドブレーカーがあると便利ですよ。

夜間に走る場合、安全性を確保するために

日中とは異なる服装の準備が必要です。

夜ランに興味のある方はこちらの記事もチェックしてみてください。

ランニングウォッチ(ランニング用腕時計)

ランニングウォッチ(ランニング用腕時計)のイメージ

ランニングシューズとウェアを揃え、

実際に走ってみたとしましょう。

  • 「今、走り始めて何分経ったのかな?」
  • 「どのくらいの距離を走ったんだろう?」

と、多くの人が疑問に感じるはず。

その悩み、「ランニングウォッチ」がすべて解決します。

「GPS機能」がおすすめ!

ランニングウォッチを購入するときは、

GPS機能が搭載されたモデルを選びましょう。

“GPS機能付き”のランニングウォッチで分かる内容は以下のとおりです。

  • 正確な現在時刻(時間のズレが無い)
  • 走った時間
  • 距離
  • ペース(全体を通じて、km/何分何秒のペースで走っているのか分かる)
  • ラップタイム(例:1kmに設定した場合、1km毎のタイムが自動で計測可能)

ススム

走った時間や距離が分かると、

ランニングを続けるモチベーションが格段に上がります。

使いやすさに関わる“4つ”のポイント

ランニングウォッチを購入する際に確認しておきたい、

4つのポイントについて紹介していきます。

  • 画面の見やすさ(走りながらでも見やすいか、“画面の大きさ”をチェック)
  • バッテリーの駆動時間(長いほど“充電の手間”が省けて便利)
  • 防水性能(雨や汗で濡れても壊れない程度の、“防水性”は必須)
  • 本体の重さ(軽い方がストレスが少ない)

これらのポイントを抑えておくと、

使い勝手の良いランニングウォッチを選ぶことができます。

いろいろな便利機能

ランニングウォッチには、

便利な機能が備わったモデルが、多数存在します。

よくある機能としては、

  • 心拍計(運動強度を把握し、より効率的なトレーニングが可能)
  • 音楽再生機能(ランニングウォッチ本体に楽曲が保存できる、その場合スマホを持たずに音楽が楽しめる)
  • タッチレス決済機能(ランニングウォッチだけで買い物ができる、サイフや小銭、スマホを持たなくてOK!)
  • 高度計、気圧計(登山やトレイルランニングなどのアクティビティで活躍)

などが挙げられます。

もし気に入った機能があれば、

取り入れてみるのも良いと思います。

ススム

高機能なランニングウォッチほど、価格が高くなります。

「必要な機能」、「無くても困らない機能」

をしっかり区別して選ぶようにしましょう。

ランニング用キャップ(帽子)

ランニング用キャップ(帽子)のイメージ

屋外でおこなうことが多いランニング。

暑さから身を守るためにも、

「ランニングキャップ」は必ず用意しておきましょう。

熱中症を防ぐ

晴れた天気の場合、

熱中症対策が欠かせません。

キャップを被ることで直射日光から頭を守り、

熱中症のリスクを軽減できます。

ウェア同様、通気性&速乾性に優れた素材を選びましょう。

頭が蒸れにくい「メッシュ素材」がおすすめです。

ススム

雨が目に入るのも防いでくれるので

意外と天気が悪い日にも活躍しますよ。

フィット感が大切

サイズ調整部分が面ファスナーで作られている帽子の写真

キャップを選ぶ際には、

サイズを調整する部分に、

面ファスナー(ベルクロ、またはマジックテープなど)

が使用されているものを選びましょう。

キャップを被るときは、フィット感が大切です。

サイズが緩いと、風が吹いたときに飛ばされてしまいますし、

締めつけ感が強すぎても、窮屈に感じてしまいます。

面ファスナーは無段階のサイズ調整が可能。

キャップのフィット感を、

簡単に微調整できるのでオススメです。

ススム

緩すぎず、キツすぎない、自分にとってベストなフィット感が手に入ります。

ランニング用サングラス

ランニング用サングラスのイメージ

マラソン中継などで、

サングラスをして走っている選手の姿を、

目にしたことはありませんか?

上級者向けのアイテムと勘違いされそうですが、

そんなことはありません。

どんなレベルのランナーにも役立つアイテムなので、

積極的に取り入れていきましょう。

サングラスの“3つ”のメリット

サングラスをして走ることには、

大きく3つのメリットがあります。

  • UVカット(紫外線から目を守り、眼病予防になる)
  • 集中力UP(自分の表情を隠すことができ、周囲の視線を気にせず走りに集中できる)
  • 疲労軽減(光の眩しさを抑え、全身疲労に繋がる目の疲れを軽減)

サングラスをかけることで、

目を守りつつ、ランのパフォーマンスも向上します。

ススム

まさに一石二鳥、コスパに優れたアイテムです。

レンズカラーの選び方

サングラスの、

レンズカラーの選び方について説明します。

ランニングで使用されることの多い、

  • グレー系
  • ブルー系
  • イエロー・オレンジ系

のレンズの特徴を以下にまとめました。

【グレー系】

  • 色調の変化が少ない(裸眼に近い、自然な見え方が可能)
  • サングラスに不慣れな人も、比較的あつかいやすい色と言える

【ブルー系】

  • イエロー・オレンジ系の光をカットし、コントラストを下げる
  • 「涼しく感じる」、「気持ちが落ち着く」といった心理的効果が得られる
  • 夏の暑い季節に適している

【イエロー・オレンジ系】

  • 周りの景色が明るく見える
  • 曇りや雨、夕方などの、暗めの視界でも見えやすい

自分が走るときの天気や時間帯に合わせて、レンズカラーを選んでみるといいでしょう。

サングラスの選び方について、もっと詳しく知りたいという方は、

こちらの記事を参考にしてみてください。

ランニング用ソックス

一見目立たない存在のソックスですが、

ランニングに役立つさまざまな機能が備わっています。

その中から、

おすすめな機能を2つ紹介します。

アーチサポート機能

アーチサポート機能付きのランニングソックスの写真

1つ目が、アーチサポート機能です。

アーチについて先に説明すると、

アーチとはつまり、

足裏の「土踏まず」のことを指します。

「土踏まず」には、

  • 着地の衝撃を吸収する
  • スムーズな蹴り出しを生む

といった役割があります。

アーチサポート機能は、ソックスの着圧によって、

アーチ(土踏まず)の筋肉への負荷を減らすことが可能。

脚に疲労が溜まってきた場合も、

その効果をなるべく長時間得られるようにサポートします。

ススム

感覚的には、テーピングを巻いている状態に近いです。

滑り止め機能

2つ目は、滑り止め機能です。

ランニング用のソックスには、

足裏に滑り止めが施されているものがあります。


シューズ内のグリップ力が高まり、

脚の踏ん張りが利くことによって

  • より強い推進力が得られる
  • 無駄なエネルギーロスを防ぐ

といったメリットが手に入ります。

ススム

個人的には「Tabio(タビオ)」のランニングソックスがイチオシです。

“サポート性&グリップ力”ともに素晴らしく、長年愛用しています。

日焼け止め

日焼け止めのイメージ

紫外線によるダメージは、

肌の病気シワ・たるみといった老化を引き起こす原因のひとつと考えられています。

ランニング中は長時間、

肌が紫外線にさらされるリスクがあるので、

十分な対策が必要です。

日焼け止めを用意して、

しっかりケアするよう心がけましょう。

SPFとPA、2つの指標から選ぶ

日焼けは主に、2種類の紫外線

  • 紫外線B波
  • 紫外線A波

によって引き起こされます。

日焼け止めには、それぞれの紫外線に対し

「どれぐらい防ぐ効果があるのか?」

を示した指標が記載されています。

  • SPF(紫外線B波に対する効果を示し、10〜50+の数値で表記されている)
  • PA(紫外線A波に対する効果を示し、+〜++++で表記されている)

どちらも、「数字」や「+」が大きくなるほど、

高い効果があることを示します。

ランニングなどの屋外でおこなうスポーツには、

SPF30以上、PA+++以上の日焼け止めを選ぶといいでしょう。

ススム

日焼け止めには、

クリームやミルク、ジェル、スプレーなど、さまざまなタイプが存在します。

自分の好きな質感を選んでみてください。

汗・水に強い「ウォータープルーフ機能」がおすすめ!

ランニング中は、

「せっかく塗った日焼け止めが、

汗で流れ落ちてしまった」

なんてことがよくあります。

そんなときに助かるのが、

「ウォータープルーフ機能」。

ウォータープルーフ機能が付いている日焼け止めは、

汗や水に強いという特徴があり、ランニング時に重宝します。

日焼け止めを選ぶときは、

ウォータープルーフ機能の有無もチェックしておきましょう。

ススム

とは言え、どんな日焼け止めでも塗り直しは必ず必要です

ウォータープルーフ機能を過信しすぎないように気をつけましょう。

まとめ

この記事では、

  • ランニングを始めてみたいけど、何を準備したらいいのか分からない…

と悩んでいる初心者ランナーに向けて、

ランニングに必要な、服装の基本アイテムを7つ紹介してきました。

  • ランニングシューズ(走りやすい・ケガの防止)
  • ウェア(汗のストレスを解消)
  • ウォッチ(モチベーションUP)
  • キャップ(熱中症予防)
  • サングラス(目の保護、集中力UP、疲労軽減)
  • ソックス(足の筋肉をサポート、ランの効率化)
  • 日焼け止め(肌の紫外線対策)

これらの道具を用意することで、

安心&快適にランニングを楽しむことができます。

さっそく準備を済ませて、ランニングを思う存分楽しんでいきましょう!