Uncategorized

【パワーブリーズ】レビュー!ランニングの「記録更新」への効果を実感

この記事では、呼吸筋を鍛えられるアイテム「パワーブリーズ」を紹介。

ランニングのために使用した感想を、詳しく語っていきます。

パワーブリーズがおすすめな方
  • マラソンなどの持久系スポーツをおこなう方
  • 上記の競技において自己ベスト更新を求める方

自身、ラン歴10年のランナーです。

パワーブリーズの使用は、ランニングのレベルアップに有効に感じました。

  • パワーブリーズってなんなの?
  • どうやって使うの?
  • 本当に効果があるの?

パワーブリーズが少しでも気になるランナーは、ぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

パワーブリーズ(POWER BREATHE)
¥9,900 (2022/11/22 14:29時点 | Amazon調べ)

パワーブリーズとは

パワーブリーズをはじめて知る方のために、製品についてカンタンに説明します。

筋トレ器具

パワーブリーズを一言で表すと、呼吸筋(呼吸に使われる筋肉)を鍛えるための「筋トレ器具」です。

息を吸う際に負荷をかけられ、横隔膜肋間筋(ろっかんきん)などを強化できます。

その結果、呼吸が楽に感じられるようになり、スポーツに必要な持久力やパワーが磨かれるロジックです。

パフォーマンスの向上を示すデータや根拠については、公式サイトに詳しく書かれているのでチェックしてみてください。

参考:パワーブリーズとは

またその特徴から、パワーブリーズは歌手や舞台俳優の方々にも愛用されています。

ススム

日本を代表するロックユニット、「B’z」の稲葉浩志(いなばこうし)氏が使用することでも有名です。

グリーン・ブルー・レッドの3種類

パワーブリーズは大きく3つの種類から選べます。

運動を始めたい方、女性や子供、高齢者の方にもおすすめ

パワーブリーズ(POWER BREATHE)
¥9,900 (2022/11/23 09:50時点 | Amazon調べ)

すでにスポーツをおこなっている方、または競技選手の方におすすめ

パワーブリーズ(POWER BREATHE)
¥11,483 (2022/11/22 14:29時点 | Amazon調べ)

「重負荷 ブルー」以上の負荷を求める方、あるいは体重90kg以上の方におすすめ

パワーブリーズ(POWER BREATHE)
¥9,900 (2022/11/22 14:29時点 | Amazon調べ)

ススム

市民ランナーの自分にはブルーで十分ですが、大は小を兼ねると考えレッドを購入しました。

パワーブリーズには、『クラシック』と呼ばれる旧モデルも存在。

  • 本体が重い(プラスは73g、クラシックは130g)
  • 負荷設定が面倒(調整時の手間が増える)

といった弱点を含みますが、安価な値段で手に入るメリットがあります。

得られる効果はプラスと一緒なので、予算に合わせて選んでみるのもおすすめです。

パワーブリーズを購入したきっかけ

パワーブリーズを購入した、自身のきっかけについて話します。

自己ベスト更新の“起爆剤”

パワーブリーズは、(ランニングの)自己ベスト更新のための起爆剤として導入。

走り始めて数年も経つと、記録が頭打ちになる方も多いのでは?

自分もそんな悩みを抱えるランナーのひとりでした。

練習メニューを工夫してはいるものの、なかなか殻を破るきっかけが掴めずにいました。

なにか新たな刺激を得る必要を感じ、トレーニング方法や道具を調べていたところ、パワーブリーズを発見。

正直、少し値段が高いなぁ…… と買うのをためらいました。

しかし試してみたい好奇心が勝り、ネットでポチってみることに。

“スキマ時間”でトレーニングが可能

パワーブリーズを購入した理由に、スキマ時間でおこなえる点が挙げられます。

自身、サラリーマンとして働きながら、育児をこなす生活を送っています。

ランニングに当てる時間でさえ限られているのが現状です。

トレーニングを追加するのであれば、短時間で可能なものを選ぶ必要がありました。

パワーブリーズであれば、時間や場所を選ばず、1回5分で実施できることから最適と判断したわけです。

パワーブリーズの使い方

パワーブリーズの使い方を説明します。

セットの中身や、使用上の注意点についても解説していきます。

セットの中身

パワーブリーズの同梱品(本体、マウスピース、ノーズクリップ、ポーチ、洗浄タブレット、取扱説明書)を並べた写真

パワーブリーズのセット内容を紹介します。

  • 本体
  • マウスピース(写真では本体に装着済み)
  • ノーズクリップ(人によっては息を吸い込みやすくなる)
  • ポーチ(布製)
  • 洗浄タブレット
  • 取扱説明書

30呼吸×2回が目安

パワーブリーズは1日「30呼吸×2回」を目安に取り組みます。

手順は以下のとおりです。

①負荷を調整する(初心者は0目盛りからスタート)

負荷設定を0の目盛りに合わせた状態のパワーブリーズの写真

②マウスピースを咥える(空気が漏れないように注意)

パワーブリーズのマウスピースの部分を強調した写真

➂息を吐き、その後一気に吸い込む(ゆっくりだとうまく吸えない)

連続30呼吸が苦しい場合、あいだに休憩を挟んでもOKです。

十分に慣れたら、少しずつ負荷を上げていきましょう。

ススム

これを繰り返すことで、着実に呼吸筋が鍛えられます。

負荷を上げるペースに注意

パワーブリーズを使用する際の、注意点について話します。

30呼吸×2回をこなせたからと言って、すぐに負荷を上げる行動はNG。

理由としては、持てる能力ギリギリの負荷設定は、身体への負担が大きいからです。

自分の失敗例として、酸欠になり半日ほど気分が悪くなった経験があります。

早く成長したい気持ちは分かりますが、あえて1週間ほど同じ負荷のまま継続することが大事。

しっかり身体を順応させ、余裕のある状態でレベルアップをはかるのがおすすめです。

パワーブリーズで得た効果

パワーブリーズを使用して、実際に得た効果について説明していきます。

「自信」に繋がる

呼吸筋がスポーツに役立つデータは、パワーブリーズ公式サイトで確認できます。

その事実がある以上、パワーブリーズの使用は自己ベスト更新に大きな自信を与えてくれます。

パワーブリーズを使う際、負荷を数字(目盛り)で確認できるため、成長を可視化できるメリットも大きいです。

自信のない状態と、ある状態、メンタル的にどちらが好走に影響するかと言われれば、おそらく後者ではないでしょうか?

パワーブリーズによって筋力の強化はもちろん、自信が手に入るという精神面でのアドバンテージを得られました。

「フォーム改善」に役立つ

パワーブリーズを使用して感じた、もうひとつのメリットを紹介します。

それは、ランニングフォームの改善に役立つ点です。

パワーブリーズを使って呼吸をする場合、息を強く吸う必要があります。

その際、猫背などの乱れた姿勢のまま、実行に移すのはかなり困難。

つまり使用する過程で、必然「息を吸い込みやすい体勢(ポジション)」をとらざるを得ないわけです。

パワーブリーズを使用する感覚を、ランニングに応用することで呼吸がらくになる手応えを得ました。

効率的な呼吸をおこなう姿勢づくりにおいても、パワーブリーズが有効に思えます。

自身の経験上、ランニングでは「フォーム」がとても重要。

改善するにあたり「スタイルアスリート2」や「e3グリップ」といったアイテムもおすすめなので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

「記録」も伸びた

パワーブリーズの体験談において「実際に記録は伸びたのか?」が1番気になる部分のはずです。

結論から言うと、自分は使用から3ヶ月後、ランニングの記録更新に成功

前提

  • 1000mのタイムを参考
  • インターバル走などのトレーニングも実施
  • パワーブリーズの負荷を0から3目盛りまで向上させた

具体的には、頭打ちのタイムであった「3分30秒台」から、「3分20秒」まで短縮。

もちろんパワーブリーズでは脚力を鍛えられませんし、ほかのトレーニングと平行しておこなっての結果です。

この成果が

  • 練習メニューのおかげか?
  • パワーブリーズの恩恵なのか?
  • あるいはその割合は?

を明確に判断するのは難しいです。

しかし伸び悩んでいた記録を更新できたことは事実。

ススム

自分としては、少なからずパワーブリーズにも効果があったように感じています。

メンテナンスは水洗い+洗浄剤を使用

メンテナンスをおこなうために3つのパーツに分解した状態のパワーブリーズと、洗浄用タブレットを並べた写真

パワーブリーズを使ったあとの、メンテナンス方法について述べていきます。

基本的には水洗いでOKです。

ですが直接口に咥えて使うため、衛生上よりキレイに保つ必要があります。

そのため週に1度、洗浄剤の使用が求められます。

ススム

ズボラな性格の自分には、このひと手間が地味にストレスでした。

とは言え、いずれ習慣化するので、そこまで問題視する必要はなさそうです。

付属の洗浄タブレットがなくなった場合、ネットで購入することができます。

(あるいは哺乳瓶を洗う商品でも代用可)

パワーブリーズ(POWER BREATHE)
¥1,650 (2022/11/23 09:50時点 | Amazon調べ)

まとめ|記録に伸び悩むランナーにおすすめ

この記事では、呼吸を鍛えられるアイテム「パワーブリーズ」について解説。

ランニングのために使用したメリットは以下のとおりです。

実感したメリット
  • 呼吸筋が鍛えられる(目盛りで成長を確認可)
  • 短時間でおこなえる(1日に30呼吸×2回でOK)
  • 自信が手に入る(公式ページに効果を裏付けるデータが存在)
  • フォームのヒントが得られた(呼吸しやすい姿勢づくりに便利)

ススム

ランニングの記録更新に役立ったため、買ってよかったと感じています。

結論

記録に伸び悩むランナーの方であれば、現状打破の切り札に『パワーブリーズ』をおすすめします。

もちろん記録を狙うことだけが、ランニングのすべてではありません。

しかし自己ベストを更新できると、正直めちゃくちゃ嬉しい気持ちになるのは確かです。

現在、記録が頭打ちになっているランナーの限界は、まだ先にあるのかも知れませんよ。

成長の喜びを味わうべく、ぜひパワーブリーズを使った「新たな挑戦」をしてみてはいかがでしょうか。

パワーブリーズ(POWER BREATHE)
¥9,900 (2022/11/22 14:29時点 | Amazon調べ)