Uncategorized

【モンベル・ジオライン】冬のランニングでの使用感を徹底レビュー!

この記事ではモンベルのインナー、「ジオライン」を紹介。

冬のランニングで使用したメリットや、デメリットについて詳しくレビューしていきます。

ジオラインがおすすめな方
  • 寒さが苦手なランナー
  • 寒冷地に住むランナー

自身、雪国でのランニング歴10年のランナーです。

冬場の走りに通用するインナーを探した結果、「ジオライン」にたどり着きました。

  • 冬のランニング用インナーを探している
  • そのなかでもジオラインが気になっている

といった方は、ぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

ジオラインとは?

ジオラインを初めて知る方のために、製品の特徴についてカンタンに説明します。

「mont-bell(モンベル)」が開発

ジオラインは、日本のアウトドアメーカー「mont-bell(モンベル)」が手がける高性能素材です。

主にアンダーウェアに使用され、糸一本から独自に開発されています。

参考:モンベル|オンラインショップ|素材について

モンベルは、過酷な「山」を相手にする企業です。

それだけに品質に対する信頼も大きいと言えます。

「高性能」の中身を具体的に見てみましょう。

「5つの機能」を搭載

ジオラインには、5つの機能が搭載されています。

  1. 保温性(マイクロファイバー、ストレッチスパン糸、ボックス構造の機能により、暖かい空気を保持)
  2. 吸水速乾性(生地表面に施された親水加工により、汗の素早い処理が可能)
  3. 制菌効果(細菌そのものを減らし、「抗菌防臭」以上の防臭効果を発揮、さらに持続力は半永久的)
  4. ストレッチ性(ストレッチスパン糸と呼ばれる糸構造により、抜群の伸縮性を実現)
  5. 静電気の防止(カーボン繊維を用いて、自然放電を促し静電気の発生を軽減)

参考:モンベル|オンラインショップ|ジオラインの特長

「3種の生地」から選べる

多機能を有するジオライン。

さらに用途に合わせ、生地の厚さを3つの種類から選べます。

種類&適応範囲
  • L.W.薄手(季節:オールシーズン|気温:低〜高)
  • M.W.中厚手(季節:オールシーズン|気温:低)
  • EXP.厚手(季節:冬|気温:低)

参考:モンベル|オンラインショップ|アンダーウエアのラインアップ

ススム

自分の場合、冬での使用が目的だったため「厚手」をチョイスしました。

ジオラインを選んだ理由

ジオラインを選ぶ、「決め手」となった理由を2つ説明します。

【保温力×速乾性】のW機能

冬のランニングには、以下の2つの機能が同時に求められます。

  1. 寒さを防ぐための保温力
  2. 汗冷えを防ぐための速乾性

極端な話、身体を温めるだけならセーターを着るもよし。

汗冷えを防ぐだけなら速乾Tシャツを着れば十分です。

ですが、どちらか一方の機能のみでは、冬のランには通用しません。

両機能を満たす、ハイブリッドなインナーがないか探したところ、ジオラインを発見。

アウトドアメーカー「モンベル」の製品であれば、高い効果を得られると確信し、購入に踏み切りました。

値段の【安さ】

ジオラインを購入した理由に、値段の安さが挙げられます。

おそらく5,000円以上するインナーに対し、高価なイメージを抱く方も多いと思います。

ススム

自分も最初、「インナーでこの値段!? 」と驚きました。

しかし、ほかのアウトドアメーカーの製品(同程度の性能)と比べたところ、ジオラインが非常に安価なことが判明。

むしろ備わるスペックに対して、かなり「お買い得」だと判断し、購入に至りました。

モンベルの商品は、高コスパなアイテムが多い印象。

自分の場合、トレイルランニング用レインウェアなども、同社の製品を使用しています。

ジオラインで走るメリット

ジオラインを冬のランニングで使用した、メリットについてレビューしていきます。

前提として

  • 服装|ジオライン厚手(シャツ&タイツ)×ウィンドブレーカー
  • 気温|0℃〜5℃

の条件で試行

着心地のいい『着圧』

ジオラインEXP長袖シャツを着た状態の腕の写真

ジオラインを着てすぐに、着心地のよさを実感しました。

具体的には窮屈さを感じない、適度な空気感のある着圧が好印象。

また、そのことからシャツやタイツを脱ぎ着する動作もスムーズにおこなえました。

ススム

ランニング前後の着替えがはかどります。

十分な『温かさ』

ジオラインを着て走ると、すぐに身体がポカポカしてくるのが分かります。

具体的には、気温0℃でも十分な温かさを得られました。

自身冷え性なため、ランニングのアップに多くの時間を費やしていました。

ですが、これまでより短時間で身体を温めることに成功。

ススム

トレーニングの効率化にも役立ちます。

伸縮性に優れ『動きやすい』

ジオラインEXPの生地を横に引っ張り、伸縮性を確認している写真

ランニング中、ジオラインの優れた伸縮性を体感できます。

足の動きを妨げることは一切なし。

試しに走る際、腕を大きく振ったり、腿(もも)を高く上げたりしても問題ありませんでした。

ススム

ダッシュ系トレーニングの、ダイナミックな動きにもしっかり対応しています。

ドライで『快適』&『汗冷えしない』

しばらくランニングを続けると、さらに身体が温まってきます。

にもかかわらず、優れた吸水速乾力により、ウェアのなかは常にドライ

そのおかげで、ランニング後の汗冷え対策にも効果を発揮しました。

クールダウンのウォーキングの際、汗のベタつき、それに伴う身体の冷えをほとんど感じませんでした。

ススム

ランニング後半、疲れて歩く機会が増えるときにも便利です。

日常生活に役立つメリット

ジオラインが冬のランにおすすめなのは間違いありません。

とは言え、インナーに5,000円以上も投資するのは大げさかな……。

そう思った方は安心してください。

ジオラインはラン以外のシーンでも活躍します。

その具体例をいくつか紹介します。

「仕事着・外出着」のインナーにもおすすめ

ジオラインは仕事着や、外出着のインナーにもおすすめ。

冬に出かけるとき、 寒さ対策に厚着をする機会も増えるはず。

しかしそれには、多くのデメリットが存在します。

  • 体を動かしにくくなる
  • 服の重さがストレス
  • 着膨れして見える
  • 洗濯物が増える

そんなとき保温力に優れたジオラインを使用すれば、重ね着の枚数を減らせます。

高機能なアウターによっても厚着を避けられるのでは?

と思った方にアドバイス。

「高価なアウター」を揃えるより、「高機能なインナー」を1点着回すほうが、洋服代を安く抑えられます。

「除雪作業」に便利

「雪の降る地域」限定のメリットを紹介。

それはジオラインが除雪作業にも便利な点です。

雪国に暮らす方は思い出してみてください。

除雪時の発汗量は、ランニングにも匹敵するレベルではありませんか?

降雪地に暮らす方のルーティンワークにおいても、ジオラインの保温力、吸水速乾力が大いに役立ちます。

「屋根の雪下ろし」などのハード作業をおこなう場合、よりジオラインが重宝します。

「電気代」の節約になる

ジオラインによるメリットをもう1つ紹介します。

それは電気代の節約にも繋がる点です。

保温力に優れたジオラインの着用は、エアコンの設定温度を下げることにも貢献します。

冬場に気になる電気の使用量とその料金。

衣類の力を借りた節電は、財布にも、環境にもやさしい選択になるはずです。

ススム

余談ですが、ラン&日常使いで3年以上使い倒したにも関わらず、首周りが伸びにくいのも嬉しいポイントでした。

3年以上使用したジオラインEXPの首回りの状態を示す写真

ジオラインのデメリット

ジオラインを使った感想は、正直メリットがほとんどです。

しかし、長く扱うことでひとつだけデメリットを発見。

それは、「毛玉」ができやすい点です。

ジオラインEXPにできた毛玉の写真

少しというより、そこそこの量が発生します。

とは言えインナーである以上、他人に見られる機会は少ないので、自分が気にならなければ問題ないかも知れません。

もし気になる方の場合、100均で売られている「毛玉取り機」を使って、キレイな状態を保てるので安心です。

まとめ|ジオラインは買って損なし!

この記事では、モンベルのインナー「ジオライン」に関する、冬のランニングでの使用感についてレビューしてきました。

「ジオライン×ラン」のメリット
  • 空気感のある適度な着圧
  • 十分な温かさ
  • 優れた伸縮性による動きやすさ
  • ドライで快適、汗冷えもしにくい

「ジオライン×その他」のメリット
  • 仕事着&外出着のインナーとしてもおすすめ
  • 除雪作業に便利
  • 電気代の節約にも貢献

ジオラインのデメリット
  • 問題点|毛玉ができること
  • 解決策|気になる方は毛玉取り機を活用すべし

自分としては寒さが苦手、または寒冷地に住むランナーの方であれば、ジオラインEXP.は「買って損なし」と判断します。

一般的なインナーに比べ、値段が高いのは事実です。

しかし、

  • 高いパフォーマンスが得られる
  • 利用できるシーンが多い

という理由から、十分もとが取れるように思います。

冬場のランニングを快適に楽しむために、ぜひジオラインを試してみてはいかがでしょうか。

当サイト「ランイズム」では、「冬のランニングの服装」を網羅的に解説した記事も用意しています。

アウターやパンツ、小物、シューズの選び方について興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。