Uncategorized

【冬のランニング】服装の必須アイテム5選!(雪対策もOK)

寒い冬の時期のランニング。

走るときには、冬用のランニングアイテムによる防寒が必須です。

とは言え、ランニング初心者の方で

具体的に何を準備していいのか分からない…… 

このように、服装選びで悩んでいる方も多いのでは?

寒さによるデメリット
  • モチベーション&パフォーマンスの低下
  • ケガのリスク増加

この記事では、上記の問題を防ぐために、冬のランニングに取り入れたい5つのアイテムを紹介します。

冬用ランニングアイテム5選
  1. インナー(モンベル ジオライン)
  2. アウター(ウィンドブレーカー)
  3. パンツ(Nike シールドパンツ)
  4. ランニングシューズ(Nike ペガサスシールド)
  5. 小物(帽子・手袋など)

この記事がおすすめな方
  • 初心者ランナー
  • 降雪地に住むランナー

この記事を読むメリット
  • 冬用アイテムの「選び方」「おすすめ」が具体的に分かる
  • 「雪」対策を含めた内容を紹介

自身、雪国で10年ランニングを続けているランナーです。

その経験を活かし、冬に通用するアイテムを厳選しました。

寒さに負けずにランを楽しみたい方は、ぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

インナー

mont-bell(モンベル)のジオラインシリーズの長袖インナー(黒色)の写真

最初に紹介するアイテムが、「インナー」です。

重ね着をする際、服の内側に着る「肌着やTシャツなど」を指します。

冬の時期にはインナー選びがとくに重要

選び方のポイントや、自分が実際に使用する「おすすめアイテム」について解説していきます。

選び方のポイント①|保温性

インナー選びの大切なポイントとして、「保温性」が挙げられます。

冒頭で述べたとおり、身体が冷えてしまうデメリットは多いです。

そのような問題を回避するには、インナーに温かさが求められます。

具体的には厚手、またはを生み出すための素材や加工が施された生地を選びましょう。

選び方のポイント②|吸汗速乾性

インナー選びのポイントの2つ目が、「吸汗速乾性」です。

冬とは言え、ランニング中は大量に汗をかきます。

保温力に優れたインナーを着ていても、生地が汗で濡れたままの状態では、身体はどんどん冷えていきます。

そういった汗冷え対策のために、インナーには吸汗速乾性も必要です。

冬のランニングでは、保温性と吸汗速乾性、両方が備わったインナーを用意しましょう。

モンベルのインナーが高コスパ

保温性と吸汗速乾性に優れたインナーを探すなら、「アウトドアメーカー」から選ぶのがベスト。

アウトドアメーカーは、冬期登山に使用されるウェアを開発しているだけあり、インナー機能の充実度が半端じゃありません。

なかでも日本最大手のアウトドアメーカー、mont-bell(モンベル)のインナーがおすすめ。

モンベルの製品は、高機能にも関わらず値段が安価な点が魅力です。

ススム

ウェアに「機能とコスパ」両方を求める方は、ぜひモンベルのインナーを検討してみてください。

「ジオライン」が便利

mont-bell(モンベル)のインナー(ジオラインシリーズ)の内側に付いているタグの写真

モンベルのインナーのなかでも、「ジオライン」シリーズが便利です。

ジオラインは、運動量の多いシーンを想定して作られています。

保温性と吸汗速乾性を兼ね備え、冬のランニングにピッタリです。

自身、3年前からジオラインのインナーを使用。

真冬の氷点下でも、上半身のウェアはジオラインとアウターだけで快適にランニングが楽しめています。

ススム

厚着する必要がなくなり、身体を動かしやすくなりました。

着替えもラクですし、洗濯物の量も減りますよ。

ジオラインに関する、「冬のランニングでの使用感」について、詳しく解説した記事も用意しています。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

アウター

ナイキのランニング用ウィンドブレーカー(黒色)の写真

次に紹介するアイテムが、「アウター」です。

冬のランに求められる、アウターの役割や選び方、おすすめアイテムについて詳しく説明していきます。

役割と選び方

アウターの役割はズバリ、身体の熱を冷気から守ることです。

たとえ優れたインナーを着ても、ウェアの中に冷たい空気が入り込んでしまうと、身体の熱はすぐに逃げてしまいます。

そのためアウター選びでは、空気の侵入を遮断するための防風性が大事です。

また防風性が備わっていると、風による体感温度の低下も防げます。

体感温度は風速1m/sにつき、1℃下がると言われています。

仮に「気温5℃・風速5m/s」の状況で走る場合、体感温度は0℃にまで下がってしまうわけです。

  1. 冷気の侵入を防ぐ
  2. から体感温度の低下を守る

防風性の備わったアウターは、2つの意味でとても重要と言えます。

「ウィンドブレーカー」が間違いない

防風性のあるアウターで、とくにおすすめなのが「ウィンドブレーカー」

ウィンドブレーカーのメリットは以下のとおりです。

  • 防風性(高い防風性が備わる)
  • 軽量(軽量で走りやすい)
  • 安価(比較的、安価な値段で手に入れられる)
  • メンテナンスが楽(薄手で洗濯が楽、乾くまでの時間も早い)

ススム

ウィンドブレーカーを用意しておくと間違いありません。

ウィンドブレーカーは雨天や朝ランの、やや肌寒い場面でも活躍します。

オールシーズン使えるアウターなので、もっていると非常に便利です。

ランニングパンツ

ナイキシールドコレクションのランニング用ロングパンツ(黒色)の写真

3つ目に紹介するアイテムが、「ランニングパンツ」です。

冬の寒さに対応したロングパンツの選び方について説明していきます。

また服装のシルエットをまとめるうえで役立つ、「細身のランニングパンツ」のおすすめも紹介します。

防風性があればOK

冬用ランニングパンツを選ぶときも、防風性を押さえていればOKです。

ランニング中は常に脚を動かしています。

冷気の侵入さえ防げれば、保温力のあるパンツを履かずとも、そこまで下半身に冷えを感じません。

それに気温が低い日は、パンツの下にインナータイツを履けば十分寒さ対策が可能。

ススム

その際、タイツにも「ジオライン」を選んでおくと安心です。

Nike「シールドパンツ」がおすすめ

ランニングパンツの選択に、ナイキ「シールドコレクション」をおすすめします。

シールドコレクションでは、悪天候でも快適に走るためのアパレルやシューズなどを展開。

ナイキ独自の表面はっ水加工が施された「シールド素材」は、雪中のランニングにうってつけの存在です。

そのうえシールドパンツは伸縮性にも優れ、テーパード(※)の効いた、スッキリとした印象に仕上げられています。

ランニングの際、細身のコーディネートを楽しみたい場合にとても便利です。

ススム

ランニング以外のシーンでも履きやすいので、ぜひチェックしてみてください。

(※)腰から足首にかけて細くなるデザインのこと

シールドコレクションのパンツは手に入れにくいのが難点です。

「メルカリ」や「ラクマ」、「ヤフオク!」などのフリマアプリを使って探してみるのも一つの手と言えます。

あるいは代わりに、「ナイキ Therma-FIT レペル チャレンジャー」も悪天候に強くておすすめです。

ランニングシューズ

ナイキシールドコレクションの「エア 
ズームペガサスシールド35」の写真

4つ目に紹介するのが、冬用の「ランニングシューズ」です。

雪国に住むランナーにとっての、必須アイテムになります。

特徴や、おすすめシューズの具体例ついて紹介していきます。

冬用の3つの特徴

冬用ランニングシューズに備わる、3つの特徴について説明します。

  1. 温かい(防風性、断熱性に優れる)
  2. 濡れない(はっ水加工や防水加工が施されている)
  3. 滑りにくい(雨や雪の路面に対し、グリップ力を発揮)

いわゆる普通のシューズで雪道を走った場合、しもやけ転倒のリスクが上昇。

冬用のランニングシューズを用意することで、それらの問題を未然に防げます。

とは言え、氷上ではどんなにグリップ力に優れたシューズでも確実に滑ります。

ススム

シューズを過信せず、走り出す前にしっかり路面を見極めてからランニングをおこないましょう。

Nike「ペガサスシールド」が万能

冬用ランニングシューズのおすすめは、ナイキ「ペガサスシールド」

パンツ同様、ナイキシールドコレクションの製品です。

冬用シューズは多機能な分、ゴツい見た目になりやすく、服装に合わせにくいのが玉に瑕。

しかしナイキのシューズはスリムな商品が多く、ランニングはもちろん、それ以外の場面でも万能に使用できます。

ススム

雨天時のランやお出かけにも重宝するので、雪のない地域に住むランナーにもおすすめの一足です。

小物

ナイキのランニング用手袋(黒色)の写真

ラスト5つ目に紹介するのが、帽子や手袋などの「小物」アイテムです。

ウェアだけでカバーしきれない、頭や首、手首、足首の寒さ対策に役立ちます。

おすすめの小物を4つ紹介したいと思います。

ニット帽子

頭部を寒さから守るには、「ニット帽子」がおすすめ。

少し深めに被ると、耳までしっかり温められるので、イヤーウォーマーの代わりにもなります。

また雨や雪から「髪の濡れ」を防げるので、風邪の予防にも効果的です。

とは言え、「わざわざ帽子を用意しなくても、フードを被ればいいんじゃない?」

そう思った方もいるかも知れません。

フードを被った状態というのは左右の視界が狭くなり、ランニング中は危険です。

ススム

安全面からも、ニット帽子を用意しておくと間違いありません。

ネックウォーマー

首元に侵入する冷気には、「ネックウォーマー」で対処しましょう。

ネックウォーマーという名称ですが、ものによっては口や鼻まで覆うことが可能。

強風の際、顔を守る役目も同時にこなしてくれる便利グッズです。

ススム

雪国に住む場合、吹雪対策に欠かせません。

手袋

手指の防寒に「手袋」を用意しましょう。

なかにはスマホ操作に対応した製品もあるので、選ぶとより実用的です。

また手袋選びでは、指部分のグリップ力も重要。

タッチ操作に対応しているのに、「ツルツルして物が持ちづらい……」

そんな商品もたまに存在します。

ススム

しっかり滑り止めのついた手袋を選びましょう。

ロング丈ソックス

足首を温めるには、「ロング丈ソックスが役立ちます。

厚手の生地を選ぶことで、より高い保温効果が期待できます。

より強固な寒さ対策として、靴下を重ね履きするのも有効な手段です。

冷え性の方はぜひ試してみてください。

ススム

何気にクッション性もパワーアップし、足の負担を減らせるメリットもありますよ。

イトイエックス(Itoix)
¥2,365 (2022/11/21 01:45時点 | Amazon調べ)

まとめ

この記事では、「冬のランニングの服装」に必要な、5つのアイテムを紹介してきました。

冬用ランニングアイテム5選
  1. インナー(保温性と吸汗速乾性に長けた、モンベル「ジオライン」がおすすめ)
  2. アウター(防風性が大事、「ウィンドブレーカー」が間違いない)
  3. ランニングパンツ(Nike「シールドパンツ」や「ナイキ Therma-FIT レペル チャレンジャー」がおすすめ)
  4. ランニングシューズ(雪対策に必須、おすすめはNike「ペガサスシールド」)
  5. 小物ニット帽子ネックウォーマー手袋ロング丈ソックスがあれば完璧)

上記のアイテムを用意することで、冬の寒さに負けずにランがおこなえるはずです。

経験上、−10℃〜5℃の気温に対応できると思います。

夏に比べて冬は湿度が低く、その分気持ちよく走れるメリットもあります。

ぜひ記事の内容を参考に、冬のランニングを楽しんでみてください。