Uncategorized

【e3グリップ】得られる3つの「効果」と「使い方」のコツを徹底解説!

ランニングフォームを改善したい……

と悩む方で、「e3グリップ」が気になっている人はいませんか?

e3グリップとは、握ることで「フォームのバランス調整」をアシストする、ランニングアイテムのことです。

自身ラン歴10年のランナーです。(プロフィールの詳細)

e3グリップを6年使用した経験を活かし、

  • 実際に得た「3つの効果」
  • 使い方の「コツ」

について徹底解説。

e3グリップを使って、

  • 本当にフォームが良くなるの?
  • 買う価値はあるの?

と疑問に感じている市民ランナーの方は、ぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

e3グリップを買ったきっかけ

e3グリップを買った、自身のきっかけについて話します。

「握り方」の重要性

e3グリップを左手に握っている写真

ランのパフォーマンス向上のために、フォーム作りに取り組んでいた当時。

本やネットを駆使して、情報収集に励んでいました。

あるときアドバイスに、「手を軽く握る」という言葉が多いことを発見。

単なる偶然? 気にしすぎか? とも思いました。

しかしランニングは全身運動

たとえば顎や目線の位置を変えるだけで、走りやすさに違いが表れます。

ススム

一見、無関係に思えるポイントに、フォーム改善のヒントが隠されていることがあります。

そこで試しに、「手部分」の修正に取り組んでみることに。

「握る動作」に着目したアイテムがないか探したところ、e3グリップに行き着いたわけです。

陸上競技専門メーカー「NISHI(ニシ)」の製品

「NISHI」の文字が印字されたe3グリップの写真

e3グリップの販売会社は、「ニシ・スポーツ」。(NISHIとも略される)

NISHI(ニシ)は1951年から続く、陸上競技の専門メーカーです。

握るだけでランニングフォームをアシストする……

それだけ聞くと、やや怪しい商品に感じるe3グリップ。

しかしNISHIのアイテムであれば、信頼性がありますし、(フォーム改善に関する)明確な理由があると判断。

思い切って購入に踏み切りました。

e3グリップには2サイズが存在。

  • 『T7776』:小指と人差し指の、付け根を結ぶ長さが8cm以上の方向け(男性におすすめ)
  • 『T7776S』:上記の長さが8cm未満の方向け(女性や子どもにおすすめ)

左手の小指と人差し指、それぞれの付け根を結ぶ長さを、メジャーを使って測っている写真

手の長さが8cm以上に該当する自分は、「T7776」をチョイスしました。

e3グリップで得た3つの効果

e3グリップを使用して得た、3つの効果について説明します。

「リラックス」して走れる

e3グリップを両手に握り、リラックスして立っている状態の写真

e3グリップを握ることで、「リラックスして走れる効果」を実感。

試しに、腕振りの基本ポーズを取ってみます。

  1. 背筋を伸ばして真っ直ぐに立つ
  2. 目線は正面に向ける
  3. を90°に曲げる

その状態でe3グリップを握ります。

するとその瞬間、

  • が開く
  • 肩甲骨が寄る

2つの手応えを得ました。

「胸を開いて〜、肩甲骨を寄せて〜」といったフォーム指導を耳にしたことはありませんか?

正しい「手の握り方」の実践は、それらアドバイスの実現に役立ちます。

その結果、力みのない上半身の姿勢が手に入り、

  • 呼吸がしやすくなる
  • スピードUP(着地の反発を全身で受けられる)

といったメリットを獲得できました。

自然な「腕振り」が身につく

e3グリップを両手に持ち、腕振りをしている写真

e3グリップの使用は、「腕振り」の習得にも役立ちます。

e3グリップの重さは片方約66g。

重すぎず、軽すぎない、絶妙な重量感です。

e3グリップをデジタル測りに乗せ「66g」と画面に表示されている写真

具体的にはその重さ(重力)を活かし、腕を無理に引くのではなく、「自然に振れる」感覚を養うことに成功。

そのおかげで、

  • ストライドが伸びる(しっかり肩甲骨を動かせる)
  • スタミナの温存(非効率な腕振りによる消耗が抑えられる)

といったメリットが得られました。

腕振りに苦手意識のある方であれば、コツを掴みやすいように感じます。

ススム

また、ある意味「重り」を持って走ることから、筋力アップにも貢献しますよ。

フォームの「左右差」を減らせる

e3グリップを両手に均等に持っている写真

e3グリップは、フォームの「左右差」を減らすのにも便利です。

たとえば、

均等に走れている場合=握る強さにバラつきがない

走りにくさを感じる場合=どちらか一方を強く握っている

上記のように、走り方のクセは「手」にも表れます。

e3グリップを活用することで、握り具合の差によるバランスチェックが可能。

また力加減を揃えることで、乱れたフォームの回復にも役立てられます。

  • 片方のシューズだけ消耗が早い
  • ケガする箇所がいつも一緒

こういったランナーの方は、フォームに偏りがある場合が多いです。

e3グリップは「フォームの左右差」における、問題解決にも活躍しました。

e3グリップの使い方のコツ

e3グリップの、使い方のコツを説明します。

「軽く」握る

e3グリップを使うポイントは、「軽く」握ること。

強く握ってしまうと肩に力が入り、得られる効果を十分に引き出せません。

とくにランニング後半、疲れているときは要注意。

ススム

集中力が切れ、手の握り加減を疎かにしていることがあります。

つい手に力が入っていないか、ときどき確認しながらランニングをおこないましょう。

「紐」を活用する

e3グリップの紐を左手首に掛けてぶら下げている状態の写真

e3グリップには、手首に通して使うための「紐」が存在。

ランニング中、(e3グリップを)握りっぱなしの状態が続くと、手が疲れることがあります。

途中で腕を休めたい場合、紐を使って両手をカラの状態にすることが可能。

とは言え、e3グリップをぶら下げたまま走るのは、やや邪魔になります。

そこでおすすめの方法を紹介します。

e3グリップの紐を手の甲側からまわし、親指部分に引っ掛けている写真

1|手首には通さず、手の甲側から親指部分に向かって紐を引っ掛けます。

e3グリップの紐を手の甲側からまわし、親指部分に引っ掛けた状態で手を離している写真

2|するとe3グリップをくっつけたまま、手を離すことができます。

ススム

手を休めたあと、握り直す動作も楽ちんです。

e3グリップを購入した際、ぜひ試してみてください。

「ジョギング」と組み合わせる

e3グリップの使用は、「ジョギング」との組み合わせがベターです。

たとえばスピード練習では、タイムや本数などを気にする必要があります。

その分、フォーム修正だけに意識を向けるのが難しいわけです。

マイペースで走れるジョグであれば、フォーム改善のみにフル集中が可能。

e3グリップのメリットを体感しやすくなります。

ススム

ジョグ以外ではLSD(ゆっくり長く走る練習)での使用もおすすめです。

まとめ|フォーム改善に本気な人には「有り」

この記事では、e3グリップ「効果」「使い方のコツ」について解説してきました。

3つの効果
  1. リラックスして走れる(とくに上半身)
  2. 腕振りの習得に役立つ(e3グリップの重さが便利)
  3. フォームの左右差をチェック&修正できる

使い方のコツ
  • 軽く握る
  • を活用する
  • ジョギングと組み合わせる

【結論】

ランニングフォームを改善したい方にとって、e3グリップの活用は「有り」に思えます。

とくに上半身のフォームのコツを掴む、有効な手段になると感じました。

e3グリップについて調べている人は、フォーム修正に対し、かなり本気で取り組んでいるのでは?

(でなければ、e3グリップのようなマニアックな道具にたどり着かないはず)

そんな前向きなランナーの方に、e3グリップは非常におすすめです。

ぜひ実際にGETし、フォームを磨いてみてください!

PS.

ランイズムでは、ランニングフォームに役立つアイテム(スタイルアスリート2など)をほかにもレビューしています。

フォーム改善に興味のある方は、併せてチェックしてみてください。