Uncategorized

ランニングの最適解!骨伝導イヤホン【Aeropex】レビュー!&新たに【OpenRun(オープンラン)】も登場

この記事では、ランナーの方におすすめな骨伝導イヤホン、「Aeropex(エアロペクス)」について紹介していきます。

Aeropexを1年以上使用してきた、自らの経験をもとに詳しくレビューしたいと思います。

お知らせ

2022年3月、Aeropexを手掛けるShokz(ショックス)社から、

新たに「OpenRun(オープンラン)」とよばれる機種が発売されました。

「OpenRun」は、Aeropexに「急速充電機能」を加えたモデルとのこと。

  • フル充電にかかる時間が、2時間から1.5時間へと短縮
  • 10分の充電で最大1.5時間の使用が可能

外見や、そのほかの機能(本体重量を含む)に関しては、ほぼそのまま「Aeropex」と同じ仕様でした。(BluetoothがV5.0からV5.1へと変更)

それでいて、お値段なんと16,880円

従来のAeropex(19,998円)に比べ、約3,000円ほどお得になっていました。

ススム

今後はAeropexより、「OpenRun」を選ぶのが絶対におすすめです

この記事はAeropexをレビューした内容となっています。(※OpenRunに関する情報も追記しています)

とは言え、AeropexとOpenRunのスペックを比べると、“使用感”に関しては、ほぼ同一と考えてよさそうです。

このあと紹介する内容は、「OpenRun」を選ぶ際にも役立つと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

Aeropexの概要

まずは「Aeropex(エアロペクス)」の概要をカンタンに説明します。

ススム

Aeropexは、米国の企業「Shokz(ショックス)※1」社が手掛ける、骨伝導イヤホン製品です。

  • 骨伝導とはなんなのか?」
  • 製品スペックはどうなのか?」

について解説していきます。

※1:旧名称「AfterShokz(アフターショックス)」社

骨伝導とは?

最初に「骨伝導とはなんなのか?」という疑問に答えていきます。

骨伝導について端的に伝えると、「骨を振動させて音を伝える技術」のことです。

「骨を振動?身体に悪影響はないの?」

と心配になった方は安心してください。

骨伝導による音の聴き方は、すでに日常生活においておこなわれています。

たとえば、なにか食べるときに聴こえる咀嚼音(そしゃくおん)

例として、「せんべい」を食べたときには、“ボリボリ”といった音が聴こえると思います。

その正体は「骨導音」と呼ばれる、骨を伝わって聴こえる音の種類なんです。

Aeropexは骨伝導の技術を活かし、骨導音として音楽などが聴けるイヤホンというわけです。

使用するに当たり、耳を塞ぐ必要がないため「周囲の音」「イヤホンの音」を、同時に聴くことができます。

製品スペック一覧

Aeropex(エアロペクス)の製品スペックは以下のとおりです。

OpenRun(オープンラン)の製品スペックも追加しています。

AeropexOpenRun
発売時期 2019年2022年
価格19,998円16,880円
カラールナグレー
コズミックブラック
ブルーエクリプス
ソーラーレッド
同左
骨伝導技術第8代骨伝導技術同左
バッテリー駆動時間8時間同左
待機時間10日同左
充電時間2時間1.5時間
防水・防塵規格IP67同左
BluetoothバージョンV5.0 V5.1
互換コーデックSBC対応同左
重量26g同左
材料フルチタン同左

上記の表のなかで、特に注目したい性能にはマーカーを引いています。

マーカーを引いた箇所に関しては、後述する「Aeropexを選んだ理由」の部分で詳しく解説していきます。

骨伝導イヤホンを選んだきっかけ

僕自身が、Aeropex(エアロペクス)を購入したきっかけについて話したいと思います。

先に結論を言うと、イヤホンをした状態でも「安全・快適にランニングがしたかった」という理由からです。

音楽を聴いて走るのが日課になっていた自分。

当時は主に、「カナル型」とよばれる耳栓タイプのイヤホンを使用していました。

しかし、その手のイヤホンには「周囲を走る自動車やバイクの音が聴こえにくい」という弱点が存在。

事故を防ぐには、聴いている音楽のボリュームを大幅に下げる必要がありました。

しかしそうすることで、安全性と引き換えに、今度はリスニングの快適性が失われてしまうはめに…

そんなとき、耳を塞がない「骨伝導イヤホン」の存在を知りました。

骨伝導技術であれば、自分がランニング用イヤホンに求める2つの要素

  • 安全性(周囲の音に気づきやすく、交通事故を防げる)
  • 快適性(イヤホンの音もしっかり聴こえる)

を満たしてくれると確信。

その結果、骨伝導イヤホン「Aeropex」の購入に踏み切ったというわけです。

Aeropexを選んだ理由

骨伝導イヤホンのなかから「なぜAeropexを選んだのか?」という理由について、7つ説明します。

1|骨伝導技術のパイオニア「Shokz(ショックス)」の製品

1つ目の理由が、「Shokz(ショックス)」という企業の存在です。

自分自身、骨伝導イヤホンを購入するのは初めての経験でした。

少しでも安心感を得るために、「骨伝導の分野で、実績のあるメーカーを選びたかった」という気持ちがあります。

Shokzは骨伝導技術のパイオニアであり、リーディングカンパニーでもあるとのこと。

そうであれば、選んで間違いないと判断し、Shokzの製品から「Aeropex」を選びました。

2|耳掛け×左右一対型の「機能的なデザイン」

骨伝導イヤホンAeropex(黒色)を手に持っている写真

理由の2つ目に、「機能的なデザイン」が挙げられます。

「耳掛け型」「 左右一体型」のデザインは、ランニングにとって大きなアドバンテージになると思いました。

というのもカナル型(耳栓型)のイヤホンの場合、ランニング時の着地の振動によって、イヤホンが外れそうになることが多かったからです。

Aeropexであれば、

  • 耳掛け型により、「イヤホンが外れる心配がない」
  • 左右一体型のおかげで、「安定感が得られる」

そのように思えたので、ランニング用にピッタリだと感じました。

3|雨や汗を防ぐ「防水規格IP67」

白いタオルの上で、水に濡れたAeropexを手に持っている写真

理由の3つ目は、「防水性」に優れているという点です。

Aeropexの防水規格は「IP67」

防水性を示す等級は「0〜8」まで存在し、Aeropexは上から数えて2つ目の「7等級」に位置します。

「水深15cm〜1mの深さに対し、30分以内の水没からの保護」という強力な防水性能が備わっているわけです。

ランニング中は、雨に降られたり、汗をかいたりすることによって、イヤホンが濡れる場面が想定されます。

そのためランニング用のイヤホンを選ぶ場合、防水機能が備わったモデルを選ぶことは必須と言えます。

ススム

Aeropexの防水性能であれば、どんな悪天候のランでも安心して使用できると思いました。

またAeropexは、防塵性に関しても非常に優秀です。

塵(ちり)埃(ほこり)を防ぐ、防塵性能は0〜6段階で表され、Aeropexは「6等級」。

完全な防塵構造になっているため、非常にタフです。

4|8時間に及ぶ「バッテリー駆動時間」

Aeropexのバッテリーがフル充電となったことを示す、青色のライトが光っているときの写真

4つ目の理由は、「バッテリー駆動時間」が長いという点です。

ランニングにおいて、バッテリーの持続力は見逃せないポイントと言えます。

というのも、たとえばマラソン大会に参加した場合、数時間に及ぶイヤホンの使用時間が想定されるからです。

ランニング用を目的とするなら、マラソン大会を乗り切れるだけのバッテリー性能が求められます。

Aeropexのバッテリー駆動時間は「8時間」

仮にフルマラソンで使用したとしても、十分通用するスタミナです。

また1時間以内のジョギングであれば、週1回の充電で使い続けられる点も魅力に感じました。

ススム

自分は面倒くさがりな性格なので、充電作業が減るとめちゃくちゃ助かります。

5|26gの「本体重量」

Aeropexを家庭用デジタル計量器に乗せ、重さが「26g」と表示された写真

理由の5つ目が、軽量性です。

使用するアイテムの重量は、ランニングの成績に影響を与えます。

そのため、ランナーとしてはシビアに判断すべきポイントのひとつです。

エアロペクスの重さは、わずか26g

ランニングを目的とした、軽量型のサングラスとほぼ同じ重さです。

それはつまり、「終日つけていても全く気にならないほどに軽い」ということです。

ススム

であれば、重さのストレスを感じずに、ランニングに集中できると思いました。

6|スッキリとした「見た目」

理由の6つ目が、スッキリとした「見た目」です。

耳掛け型のイヤホンは、カナル型(耳栓型)のイヤホンに比べて見た目が野暮ったくなりがち、そのように思っていました。

しかしAeropexに関しては、耳掛け型にもかかわらず、スッキリとした見た目に見えました。

ススム

スポーティーな雰囲気でありつつも、いろいろなシーンにマッチしそうなビジュアルが気に入りました。

7|安心の「2年間保証」

Aeropex購入時に付属してきた製品保証書を手に持っている写真

7つ目の理由が、「2年間保証」が付いているという点です。

Aeropexの価格は約2万円。

自分としては、購入をためらう額です。

ススム

万が一故障した場合、精神的ダメージがデカすぎます。

しかし、2年間保証が付いているのなら話は別です。

高い買い物ではあるものの、安心して使用できると思いました。

※Shokz(ショックス)の公式サイトで確認したところ、OpenRun(オープンラン)にも同様の保証が付いていました。

Aeropexのセット内容レビュー

Aeropexの箱の中身をテーブルに並べた写真

それでは今から、Aeropexをレビューしていきます。

まずはAeropexのセット内容を見ていきましょう。

箱の中には、

  • Aeropex本体
  • 耳栓
  • 充電ケーブル×2本
  • キャリングケース
  • 説明書
  • 保証書
  • ペアリング方法(&漏電防止アラート)の説明が書かれたカード

が同梱されています。

OpenRun(オープンラン)に関しては、キャリングケースがシリコン素材から、布製の巾着袋に変更していました。

また、充電ケーブルに関しても2本から1本へと変更

耳栓は付属していませんでした。

耳栓

透明なケースに入れられた、緑と白のマーブル模様の耳栓の写真

「耳栓」ってなんのために使うの?

と疑問に感じた方もいるかと思います。

イヤホンの音と、周囲の音を同時に聴くことのできる骨伝導イヤホン。

実は、耳栓を使用することによって「イヤホンの音」のみに集中することも可能です。

ススム

ちなみに自分の場合、「ランニング」での使用がメインのため、耳栓を利用することはほとんどありませんでした。

OpenRunには耳栓が付属していませんが、100均などでも購入できるため問題ありません。

充電ケーブル

Aeropex本体と充電ケーブルを接続した部分を表した写真

エアロペクスには、独自の充電ケーブルが採用されています。

マグネット式でつくられているため、Aeropex本体に充電器を近づけただけで“カチッ”とワンタッチで接続できます。

これが使ってみるとなかなか便利。

ススム

コネクターを本体に「差し込まない」だけで、充電作業に対するストレスが減りました。

Aeropexの外観レビュー

次に、Aeropexの外観についてレビューします。

コンパクトな「サイズ感」

Aeropexを手のひらの上に乗せた写真

Aeropexは「手のひら」に乗せられる、コンパクトなサイズ感です。


Aeropexを、PC、スマホ、マウス、ボールペン、ファイルと一緒に並べてみた写真

そのサイズ感のおかげか、スポーツライクなイメージと違い、デスク周りに置いても違和感を感じませんでした。

マットな「色合い&質感」

Aeropexの表面は、シリコンのようなマットな色合いと質感です。

個人の好みにもよりますが、自分としては「どストライク」。

見た目の話だけではなく、耳に当たる感触が、ややソフトな印象を受けました。

ススム

こういった細かい部分への配慮が、利用時のストレス軽減に繋がるように思います。

Aeropexの装着感レビュー

Aeropexの装着感についてレビューしていきます。

「装着方法」は簡単

Aeropex(黒色)のフレームを片手で曲げている写真

Aeropexを装着する際、両耳に引っ掛けるのが大変そう、面倒くさそうと思われることがあります。

ですが、実際には違います。

Aeropexのフレームは「チタン製」でできています。

柔軟性に富んでいるため、縦にも横にも自由に動かすことが可能です。

ススム

そのため、見た目に反して装着するのはかなり簡単でした。

絶妙な「フィット感」

Aeropexを耳に装着した状態で、横から見たときの様子を表した写真

Aeropexは「顔のこめかみ部分」にイヤホンを当てて使用します。

  • フィット感が悪かったらどうしよう…
  • 締めつけ感が強く、頭が痛くなったらどうしよう…

と、使用前は不安に思うこともありました。

ですがAeropexを実際に使ってみると、そういった心配は一気に吹き飛びました。

むしろ緩くもなく、キツくもない、絶妙なフィット感。

ススム

長時間使用しても、ストレスに感じることは一切ありませんでした。

「マスク・メガネ」と併用可

Aeropexと白いマスク、サングラスを同時に耳に掛けた状態で、顔の横側から見たときの写真

Aeropexは、「耳に掛けて」使用します。

であれば、マスクメガネ併用できるかどうかも気になるポイントと言えます。

結論から言うと、まったく問題なし

「Aeropex」×「マスク」×「メガネ」のフルコンボでも、普通に使用可能でした。

しかし強いて欠点を言えば、それぞれ耳に掛けた順番によっては、外すときに少しゴチャつくことがありました。

たとえば、Aeropexの上からマスクを使用したとします。

Aeropexだけ外そうとしたときに、一緒にマスクも外れることがありました。

ススム

慣れるに従い「外し方のコツ」が掴めてくるので、そこまで気にする必要はないかも知れません。

Aeropexのペアリングをレビュー

Aeropexは「ワイヤレスタイプ」のイヤホンです。

使用する場合、たとえば音楽などを再生する端末と「Bluetooth機能」を使ってペアリング(接続)する必要があります。

「Bluetooth接続」の手順

Bluetoothの接続手順はいたってカンタン。

  1. Aeropexの電源ボタンを5秒間長押しします。
  2. するとAeropexのライト部分が赤と青、交互に点滅し、ペアリングモードに突入。
  3. 端末のBluetooth設定画面から「Aeropex by AfterShokz」を選択すれば接続完了。

一度ペアリングを設定すれば、それ以降Aeropexと、使用した端末とが自動で接続されるようになります。

ススム

「買うのはいいけど、使い始める前の“設定”が面倒なんだよな〜」

と感じている、僕のような人間でもすぐに使えました。

「マルチポイント接続」に対応

Aeropexには、「マルチポイント接続」とよばれる機能があります。

分かりやすく説明すると、複数の端末と「同時にBluetooth接続ができる」という機能です。

たとえばスマホとPC、両方と繋いだとします。

スマホで音楽を聴いたり、PCでYouTubeを観たりした際に、状況に合わせて自動で接続を切り替えてくれるというわけです。

いちいちBluetoothを繋ぎ直す必要がないため、地味に便利な機能です。

ススム

まあ、ランニングで使用する分には関係ありませんが。

Aeropexの音質レビュー

Amazon musicの音楽ジャンル選択画面が写っているスマートフォンと、Aeropexを並べた写真

「骨伝導イヤホンってちゃんと聴こえるの?」

と疑問に思う方も多いはず。

ここからはAeropexの音質についてレビューしていきます。

中高音域の「クリア」なサウンド

Aeropexで初めて音楽を聴いたとき、「普通のイヤホンと同じで、ちゃんと音が聴こえる!」と素直に感動しました。

それでいて、耳の穴が塞がっていないという新感覚。

骨伝導イヤホンに期待を寄せつつも、実際に使ってみるまでは「音の聴こえ方」が気になっていたので、ひと安心。

個人的には、中高音域のクリアなサウンドが気に入りました。

低音に関しては“ふつう”といったところです。

迫力の重低音ではないにしろ、物足りなさを感じることもありませんでした。

ススム

自分としては、音質にかなり満足しています。

静かな場所では「音漏れ」に注意

Aeropexの使用にあたり、音漏れには少し注意が必要です。

たとえば図書館などの静かな場所では、大きな音量だと、音が漏れて聴こえることがありました。

しかしそういった環境では、音量を抑えていても十分よく聴こえるので、リスニングに対してとくに影響はありません。

ススム

自分の近くに人がいたとしても、音量に気をつければ、音が漏れて聴こえることはなかったです。

ランニングでの使用感

ここからはランニングシーンにおける、Aeropexの使用感について解説していきます。

「ズレ・痛み」への心配はない

Aeropexを使用してランニングをおこなった際、着地の振動によるフィット感への影響は一切なし。

かいた汗によって、イヤホンがズレる心配もありませんでした。

また長時間のランニングにおいても、耳の穴を圧迫しないおかげで、耳が痛くなることもありませんでした。

ススム

オープンイヤー型の骨伝導イヤホンは、外耳炎の予防にも効果があるそうです。

「操作性」の良さを実感

Aeropex本体に備わっている、プラス、マイナス印の入った音量操作ボタンを拡大した写真

実際に走ってみることで、Aeropexの操作性の良さを実感しました。

ランニング中、自分はスマホで音楽をかけてAeropexを使用しています。

走りながらの状況下では、ボリューム調整や次曲へのスキップ操作を、スマホ側でおこなうのは困難です。

しかしAeropexであれば、イヤホン側でそれらすべてのコントロールが可能。

音量ボタンには凹凸がついており、押し間違える心配もありません。

スキップ操作に関してはファンクションボタンを2回“ポチポチ”っと押すだけでOKです。

Aeropex本体に備わっている、ファンクションボタンを表した写真

単に操作が楽なだけではなく、スマホに目線をやらずに済むため、前方不注意による事故のリスクを軽減できます。

また、快調なペースでランニングをしていたにも関わらず、

「スマホを触るために、わざわざ減速しなければならない」

といったこともなくなります。

ススム

Aeropexの操作性の良さは、ランナーとしては非常に助かります。

「ニット帽子」との相性はイマイチ

冬のランニングにおいて、「ニット帽子」を被る機会が多い自分。

「Aeropex」×「ニット帽子」の組み合わせは、あまり相性が良くないことに気づきました。

理由を挙げると、Aeropexを使用するには、耳を隠さないように帽子を浅く被る必要があったからです。

その分ランニング時に帽子が落ちやすくなり、走りに集中できなくなってしまいました。

雪国暮らしの自分にとっては、やや残念なポイントと言えます。

ススム

とは言え、あまりニット帽子を被らない方であれば、全然気にしなくて大丈夫です。

その他シーンでの使用感

Aeropexに関して、ランニング以外のシーンで使用した感想を伝えていきます。

「動画視聴」での利用も問題なし

ランニング中は音を聴くのみですが、動画を観るときには、イヤホンの「遅延」具合も気になるところです。

遅延とはつまり、音が遅れて聴こえることをいいます。

たとえば、誰かが歌をうたっている動画があったとしましょう。

遅延している場合、口の動きに対し、声が遅れて(ズレて)聴こえてしまうというわけです。

Aeropexの互換コーデックは、SBC対応。

ススム

上位コーデックではないにしろ、動画の視聴中、遅延に関してほとんど気になることはありませんでした。

「仰向け」の使用には不向き

自宅で使用した際に、Aeropexの思わぬ弱点を発見。

寝転んだり、仰向けになったりしたときに、イヤホン後部のバンドが邪魔になることに気がつきました。

Aeropexを使用する場合、リラックスシーンでのリスニングに関しては、最適とは言えないように感じます。

ススム

メインでの使用が、それ以外のシーン(ランニングなど)であれば、あまり心配する必要はなさそうです。

「ながら聴き」での利用頻度が激増

Aeropexの使用に関し、アクティブなシーンにおいて大きなメリットを実感。

骨伝導イヤホンの特性を活かし、家事や移動中での「ながら聴き」の機会が増えました。

 一見どんなイヤホンでも「ながら聴き」はできそうですが、 周囲の音が聞こえない状態では、いろいろと不都合が生じます。

普通のイヤホンの場合

  • 家事での使用=宅配便の音が聞こえない
  • 移動中での使用=交通事故の危険性が増す 

骨伝導イヤホンであれば、上記の悩みを解決することができます。

 

また「ながら聴き」をおこなう際、音楽を聴く以外にも、

  • YouTubeの動画を、耳で聴いて学ぶ
  • Audibleなどのサービスを利用し、音声で読書を楽しむ

といった使い方も存在します。

つまり、今まで有効利用できなかった時間を使って、「学習」が可能になるというわけです。

もともとランニング用としてAeropexを購入しましたが、

「ながら聴き」×「音楽以外の使い方」

を組み合わせることで、利用頻度が激増。

それによって、Aeropexへの満足度がより一層高まりました。

ススム

もはや自分の生活において、ランニングを抜きにしても手放せないアイテムとなっています。

「OpenRun Pro」との比較

2022年3月、Shokz(ショックス)から最新イヤホン、「OpenRun(オープンラン)」が登場しました。

実はそれと同時に、「OpenRunPro(オープンランプロ)」というモデルも発売されています。(こちらの方がたぶん有名)

「OpenRun」と「OpenRunPro」の違いについて調べてみました。

製品比較

「OpenRun」「OpenRunPro」の違いを表にまとめました。

それぞれ比較して、優れている部分黄色いマーカーを引いています。

OpenRunOpenRunPro
価格16,880円23,880円
カラールナグレー
コズミックブラック
ブルーエクリプス
ソーラーレッド
ブラック
ブルー
ベージュ
ピンク
骨伝導技術第8代骨伝導技術第9代骨伝導技術
バッテリー駆動時間8時間10時間
待機時間10日10日
充電時間1.5時間1時間
防水・防塵規格IP67IP55
BluetoothバージョンV5.1V5.1
互換コーデックSBC対応SBC対応
重量26g29g
材料フルチタンフルチタン

見比べてみると、「OpenRunPro」は、「OpenRun」に対し完全な上位互換ではないことが分かりました。

というわけで、それぞれ選ぶメリットを紹介していきます。

「低音」&「バッテリー性能」で選ぶならOpenRunPro

「OpenRunPro」を選ぶメリットは2点あります。

  • 1重低音の強化

AeropexやOpenRunには、「第8代骨伝導技術」が使用されています。

中高音域の音質はクリアですが、低音に関しては「特別優れている」というわけではありませんでした。

ですがOpenRunProでは、低音部分をより一層強化しているとのこと。

音質を重視したい方には、もってこいのイヤホンです。

  • 2 バッテリー性能のさらなる向上

OpenRunProのバッテリー駆動時間は10時間

AeropexやOpenRunに比べて、2時間長く使用できます。

充電に必要な時間も短縮され、わずか1時間でフル充電が可能

「バッテリー性能」にこだわりたい方にも、OpenRunProがおすすめと言えます。

「防水防塵性能」&「コスパ」で選ぶならOpenRun

「OpenRun」を選ぶメリットも2点あります。

  • 1防水防塵性能

OpenRunProの「IP55」の防水規格に対して、OpenRunは「IP67」

雨や汗での濡れに関しては、どちらも問題なし。

とは言え、OpenRunの方が防水防塵機能としては優れているため、より気を遣わずに使用できるのも事実です。

「タフな相棒が欲しい」という方であればOpenRunがおすすめです。

  • 2コスパが良い

OpenRunは、OpenRunProと比べて7,000円安く購入できます。

個人的には好みの違いはあれど、どちらを選んでも「正解」だと思っています。

であれば、できるだけ安価なモデルを選びたい、という方はOpenRunを選ぶと間違いなさそうです。

まとめ

この記事では、骨伝導イヤホン「Aeropex(エアロペクス)」についてレビューしてきました。

自身の経験上、ランニング用イヤホンを選ぶなら、「Aeropex」が最適と言っても過言ではありません。

さらにランニングシーン以外の「ながら聴き」にも使えるので、自分の時間を有効活用したい方にとっても、非常に役立つアイテムだと言えます。

2022年3月、そのAeropexに「急速充電機能」を追加した「OpenRun」が誕生しました。

Aeropexに比べ、性能がパワーアップしているにも関わらず、値段も3,000円ほど安くなっています。

また、より音質バッテリー性能を向上させた「OpenRunPro」も同時に発売されました。

ススム

Aeropexに興味のある方は、今後は「OpenRun」、または「OpenRunPro」の購入を検討することをおすすめします。

音楽を聴くことは、楽しく走るための有効なテクニックです。

「ランニングの継続」「モチベーションUP」といった効果が期待できます。

そのためには、安全&快適なリスニング環境が必須であり、骨伝導イヤホンの存在が欠かせません。

骨伝導イヤホンを手に入れ、より充実したランニング生活を送っていきましょう!