Uncategorized

【超定番】ランニングシューズのおすすめ3選!初心者に最適なモデルを紹介!

これからランニングを始める方にとっての一大イベント、それがランニングシューズ選び

  • ランニングシューズって、どう選べばいいの?
  • 種類がたくさんあって、「おすすめ」が知りたい!

そのように思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ランニング初心者の「一足目」に相応しいランニングシューズを3つ紹介します。

シューズの機能や、素材に関する詳細は、自分の説明より公式サイトを見たほうが分かりやすいです。

そのため、

  • 実際の履き心地
  • 体感したメリット
  • おすすめな初心者さんの具体例

を中心に説明していきます。

自身ランニング歴10年のランナーです。

これまでさまざまな種類のランニングシューズを履いてきました。

そのなかから、とくにおすすめに感じた定番モデル(シリーズ)を厳選して紹介。

リアルな市民ランナーだからこそ伝えられる、“生きた情報”をお届けできたら幸いです。

ランニングシューズ選びで失敗したくない方は、ぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

ランニングシューズを選ぶ理由

そもそもなぜ、ランニングシューズが必要なのか?

簡単に説明したいと思います。

足の「ケガ防止」

ランニングシューズを履く1番の理由は、足の「ケガ防止」のためです。

ランニングでは着地の際、膝に大きな負担が加わります。

その衝撃の強さは、自重の約3倍

足をケガから守るには、クッション性のしっかり備わった、ランニング専用のシューズを選ぶ必要があります。

「軽量」で走りやすい

ランニングシューズは、スニーカーなどに比べ軽量に作られています。

シューズが軽いことで得られるメリットは2つ、

  • 足が疲れにくい
  • 走りやすく、ランニングが楽しく感じる

といった点が挙げられます。

初心者の方には、「楽しく感じる」という部分が特に重要に思えます。

初めてランニングシューズを履いたときの、「軽っ!ふつうの靴と全然違う!」といったワクワク感、ドキドキ感がやる気を刺激してくれます。

「耐久性」に優れる

ランニングでは、何十km、何百kmもの距離を走ることが想定されます。

仮に5kmのジョギングを週2回、1ヶ月続けたとすると約40km。

初心者の方でも、2〜3ヶ月経てばトータル100km以上の距離を走ることも珍しくありません。

そんな長距離をスニーカーで走ったとしましょう。

その場合、カカトがすぐに減ってしまい、何度もシューズ交換をする羽目になります。

しかし、ランニングシューズは靴底の耐久性に優れているため、初心者の方であれば、丸一年は平然と履き続けることが可能です。

ススム

この記事で紹介する3モデルに関しては、走り方にもよりますが、「700〜800km」の距離に耐えられるはずです。

ランニングシューズの選び方

ランニングシューズの選び方について説明します。

ランニングシューズであれば、「どんなモデルでもいい」というわけではありません。

初心者の方が、シューズ選びで重視すべきポイントを3つ紹介します。

「クッション性」が大事

ランニング初心者のシューズ選びでは、クッション性」がなにより大事です。

具体的には、クッション素材に厚みのあるモデルを選ぶ必要があります。

というのもランニングシューズのなかには、クッション材を省き、より軽量に特化した中〜上級者モデルも存在するからです。

しかしそういったモデルは、「十分な脚力のあるランナー」を対象に作られています。

筋力の弱いランニング初心者の方であれば、足の故障を防ぐために「クッション性」に特化したモデルを選ぶようにしましょう。

「安定性」も見逃せない

初心者の方がランニングシューズを選ぶ場合、「安定性」も見逃せません。

クッション性に優れたシューズを選んでも、安定性がなければ、ただの「グニャグニャして走りにくいシューズ」になってしまうからです。

安定性を示す具体例として、

  • カカト部分のホールド力
  • アッパー部分のフィット性
  • アウトソールの面積の広さ

などが挙げられます。

しっかりとサポート力の備わったシューズを履くことで、着地のバランスが整い、ケガの抑止に繋がります。

「サイズ選び」のコツ

クッション性と安定性、どちらも備わったランニングシューズを選んだとします。

とは言え、サイズ選びで失敗してしまっては元も子もありません。

キツすぎず、緩すぎない、適度なサイズを選択しましょう。

具体的には、つま先に1cmほど(指一本分くらい)の隙間があればOKです。

足の横幅や、甲の高さなどの兼ね合いもあるので、サイズ選びでは、実際に履いて試す方法が手っ取り早いです。

それに同じサイズのシューズでも、メーカーによって大きさが微妙に異なるため、結局のところ試し履きは必須と言えます。

「試し履きのポイント」・「正しいサイズ選びの方法」について詳しく解説した記事を載せておきます。

興味のある方はチェックしてみてください。

ランニングシューズのおすすめ3選

自分の経験をもとに、初心者の方におすすめなランニングシューズを3つ紹介していきます。

もちろん、「クッション性」「安定性」が備わったモデルなので安心してください。

アシックス|GT-2000(ジーティー2000)

¥12,650 (2022/09/29 16:26時点 | Amazon調べ)

最初に紹介するのが、日本のスポーツメーカー、アシックスが手掛けるシューズ『GT-2000(ジーティー2000)』

GT-2000シリーズは1993年から約30年続く、アシックスのランニングシューズを代表する「ベストセラー」モデルです。(※1)

※1 参考「ASICSベストセラー:ASICSを代表するランニングシューズ」

最新モデルは(2022年現在)、『GT-2000 10』

雨天に強いGORE-TEX(ゴアテックス)採用モデルも存在します。

機能や素材に関する詳細は「GT-2000 10|スムーズに、安定して前へ|アシックス公式」をチェックしてみてください。

抜群の安定性

GT-2000は十分なクッション性を備えながらも、良い意味で「着地の感覚」がやや硬めです。

そのため自分としては、地面を踏み込む際のブレが少なく感じ、安定性の高さはピカイチに思えます。

  • 運動経験の少ない方
  • とにかく安心感をもって走りたい方

に特におすすめのシューズです。

フォームの修正に役立つ

また着地感が硬めであるメリットは、ほかにも存在します。

それは、「ランニングフォームの修正」に役立つという点です。

適度な硬さのあるシューズは、足裏の感覚が掴みやすく、

  • 接地ポイントのズレ
  • 着地や蹴り出しにおける、足の左右差

に気づきやすくなります。

「ランニングの基礎(フォーム)を磨きたい」

という初心者の方にも、GT-2000がおすすめです。

ナイキ|エアズーム ペガサス

次に紹介するのが米国のスポーツメーカー、ナイキが手掛けるシューズ、『エアズーム ペガサス』です。

エアズーム ペガサスが誕生したのは1983年。

約40年も前から、一般のランナーに限らず、一流の長距離選手のトレーニングにも使用される人気のシリーズです。

ナイキのランニングシューズとしては、歴代最高の販売数を誇ります。(※1)

※1 参考「ナイキ ペガサスについて知られざる10のこと|NIKE NEWS|Nike 日本」

最新モデルは(2022年現在)、「ナイキ エア ズーム ペガサス 39」

ほかにもトレイルラン(山野を走るスポーツ)に特化した「ペガサス トレイル」や、雨や雪に対応した「ペガサス シールド」といったモデルも存在します。

ススム

自分は雪国で暮らしているため、冬のランニングではペガサスシールドを使用しています。

エアズームペガサスに関するスペックの詳細は、以下のページでチェックしてみてください。

「【NIKE公式】ナイキ エア ズーム ペガサス 39 メンズ ロード ランニングシューズ」

スピード感を楽しめる

『エアズーム ペガサス』は、反発力に優れたシューズです。

ランニング初心者の方であっても、シューズの反発力を活かして、スピード感のある走りを楽しむことができます。

もともと運動経験が豊富

ラン以外に別のスポーツをしている

という体力に自信のある初心者ランナーの方でも、満足できる一足と言えます。

とは言え、ふだん運動していない方であれば無理にスピードを上げて走る必要はありません。

ススム

あくまで長所として捉えてください。

スタイリッシュな見た目

エアズーム ペガサスはスタイリッシュな見た目が魅力的です。

初心者用のランニングシューズは、足のケガ防止のために、多くの保護パーツが使用されています。

そのため、見た目がどうしても“ゴツく”なりがちです。

しかしペガサスであれば、デザインがスッキリしているため、ランニングウェアとのコーディネートがしやすいように感じます。

ススム

ユニクロで用意したウェアに、『エアズーム ペガサス』を合わせるだけでオシャレに走れます。

ミズノ|WAVE RIDER(ウエーブライダー)

ラストに紹介するのが、日本のスポーツメーカー、ミズノが手掛けるシューズ『WAVE RIDER(ウエーブライダー)』です。

最新モデル(2022年現在)は、『WAVE RIDER 25』

「WAVE RIDER」シリーズは、1997年のデビュー以来、グローバルで累計販売数1,000万足を超えるミズノのランニングシューズで最も人気のあるシリーズです。「WAVE RIDER 25」は25代目のモデルとなります。

高反発素材『MIZUNO ENERZY』をソール部全体に搭載 ランニングシューズ「WAVE RIDER 25」新発売|ニュースリリース|ミズノ公式

スペックに関する詳細は、「WAVE RIDER(ウエーブライダー)|ランニング|ミズノ公式」で確認してみてください。

バランス感が絶妙

自分はウエーブライダーに対し、安定感と反発力のバランスが絶妙だと感じています。

あくまで個人的にですが、アシックスの『GT-2000』と、ナイキ『エアズーム ペガサス』の中間的なイメージをもっています。

「安定感も大事だけど、スピード感も得たい…」

とシューズ選びに迷われるバランス重視派の方にとって、ウエーブライダーの選択はおすすめです。

ススム

ちなみに自分が初めて購入したランニングシューズは「ウエーブライダー」でした。

価格の勘違いに注意

初心者の方に向けてランニングシューズを3つ紹介してきました。

「もっと安いランニングシューズが欲しいんだけど…」

そう感じた方はいませんか?

ランニングシューズを選ぶときは、値段に対する勘違いについても注意が必要です。

一般的に、「初心者モデル=安い」というイメージを持つことが多いと思います。

しかしランニングシューズに関しては、そのイメージと少し異なります。

というのも初心者モデルほど、(足のケガを防ぐために)高性能なクッション材や補強パーツが必要になるため、値段が高くなるからです。

実際には、それらの安全策をさほど必要としない、中級者モデルの方が安価である場合が多いです。

そのため「初心者だから、とにかく安いシューズでいいや!」と考え、誤って中級者モデルを選ばないように注意しましょう。

自身ランニングを始めた当初、(二足目のシューズに)クッション性の低いモデルを選んでしまい、足を痛めた経験があります。

その結果、

  • ケガの「治療費」
  • 買い直した「シューズ代」

2つの出費が増えました。

ススム

ときには最初にコストをかける方法が、もっともコスパに優れた選択だったりもします。

記事内で紹介したランニングシューズは、エントリーモデルのなかでも「十分な機能性」を備えつつ、なるべく「安価」なシューズを選びました。

コスパを大事にする方にも参考になると思うので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

この記事では、ランニング初心者の方におすすめなランニングシューズを、3つ厳選して紹介してきました。

アシックス|GT-2000(ジーティー2000)

  • 安定性が抜群
  • 安心感をもって走りたい方におすすめ
¥12,650 (2022/09/29 16:26時点 | Amazon調べ)

ナイキ|エアズーム ペガサス

  • ランニング初心者の方でもスピード感が楽しめる
  • スッキリとしたデザインがウェアに合わせやすい

ミズノ|WAVE RIDER(ウエーブライダー)

  • 安定感、反発力の加減が絶妙
  • バランスを重視するランナーにおすすめ

上記のシューズは、それぞれのメーカーを代表する(ランニングシューズにおける)ベストセラーモデルです。

多くのランナーに支持されてきた、いわば「超定番」とも言える存在。

ラン歴10年の自身の経験からも、選んで間違いないシューズに思えます。

ランニング初心者の方であれば、ぜひ「初めての一足」に選んでみてはいかがでしょうか。

PS.

一足目のランニングシューズに対する思い入れは強く、初めて履いたときの感動を今でもよく覚えています。

これから走り始める方も、きっと最初の相棒(ランニングシューズ)とのランニングは、一生の思い出になるはずです。

その際、長い年月をかけて進化を遂げてきた、ベストセラーモデルを選んでおくと安心です。

ぜひその快適さを実際に体感してみてください!