Uncategorized

【重要】ランニングシューズの「正しいサイズ」の選び方とは?

ランニングを始める際に必要となる、「ランニングシューズ」

ランニングシューズは、ランナーを足のケガから守ってくれる重要な存在です。

しかし足を守ってくれるのも、正しい「サイズ選び」ができてこその話。

サイズ選びに失敗してしまうと、足にさまざまなトラブルが起こります。

足のトラブルの例
  • 靴擦れマメによる足の痛み
  • 爪下血腫(そうかけっしゅ)※の発生

※足の爪に内出血が起こる症状、悪化すると爪が剥がれる場合もある

この記事では、上記の問題を防ぐために、ランニングシューズを購入する際の「正しいサイズの選び方」について詳しく説明していきます。

この記事がおすすめな方
  • ランニングシューズを初めて購入する方

この記事を読むメリット
  • ランニングシューズの、正しいサイズの目安」が分かる
  • そのために必要な、足のサイズの測り方」が分かる
  • シューズを試し履きする際の、手順やポイント」が分かる

ラン歴10年の自身の経験を活かし、分かりやすく、丁寧に解説していきます。

ランニングシューズを購入する際、サイズ選びで失敗したくないという方は、ぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

ランニングシューズは「足のサイズ」+「1cm」が目安!

ランニングシューズのつま先に隙間があるかどうかを人差し指を使って確認している写真

ランニングシューズのサイズは、「自分の足の大きさ(cm)」+「1cm」を目安に選びましょう。

  • 例:足のサイズが26.0cmの男性の場合、27.0cmのランニングシューズを選ぶ

1cm大きいサイズを選ぶことで、つま先に適度な隙間が生まれます。

足の爪と、シューズの先端がぶつからなくなり、爪下血腫の発生を防げます。

また1cm程度の隙間では、靴のなかで「足が動く」心配もありません。

靴擦れマメのリスクを、しっかり避けることができます。

以上の理由から、ランニングシューズのサイズは「自分の足のサイズ」+「1cm」を選ぶと安心です。

とは言え、ここまでの説明を聞いて、「自分の足のサイズが分からない……」と思った方もいるのでは?

「足のサイズの測り方」について詳しく説明していきます。

【ステップ1】足のサイズを測ろう!

適切なランニングシューズを選ぶには、「自分の足のサイズを知ることが大切。

なかでも重要な、足長(そくちょう)の測り方について述べていきます。

「足長」の測り方

「足長(そくちょう)」とよばれる、足のつま先からカカトまでの長さを測りましょう。

足の大きさには左右差がありますが、“大きい方の足”をサイズの基準にしてください。

また、足の指の長さにも個人差があります。

大きい方の足の、一番長い指(前に出ている指)から、カカトまでの長さを測りましょう。

「ものさし」や「メジャー」を使い、自分で測ることも可能ですが、ほかにオススメな方法があるので、このあと紹介します。

「足長以外のサイズは測らなくていいの?」と疑問に思った方もいると思います。

ススム

ひとまず足長だけ分かればOKです。

その理由については、【ステップ2】「試し履きが必要な理由」で説明します。

「スポーツ店」で測るのがおすすめ

足のサイズは、スポーツ店で測ることがおすすめです。

特に大型スポーツ店には、専用の「計測器」があり、簡単かつ正確に足のサイズが測れます。

また計測器を使うことで、足のサイズ以外に、ランニングに役立つさまざまな情報が得られます。

  • 足の重心位置が分かる(足の裏に、どのように圧が加わっているかが分かる)
  • 足のプロネーションが分かる(プロネーションとは、足首が内側と外側、どちらに傾いているかを示す)

自分の足の“癖”が分かると、ランニング時、ケガの予防に役立てられます。

ススム

足のサイズ測定は、どこのスポーツ店も基本「無料」でおこなってくれます。

ぜひ一度スポーツ店に足を運んでみてください。

【ステップ2】ランニングシューズを試し履きしよう!

足のサイズを測り終えたら、ここからが“本番”です。

気になったシューズを、実際に「試し履き」してみましょう。

試し履きが必要な「理由」

ランニングシューズのサイズ選びでは「試し履き」超重要

「自分の足のサイズ」+「1cm」のランニングシューズを選んだとしても、それはあくまで目安です。

また、どんなに足のサイズを細かく測ろうと、シューズのフィット感というのは、実際に履いてみない限り分かりません。

ススム

先ほど、足長だけ分かればOKと言ったのも、サイズ測定に凝るより、実際に試し履きすることが大事だと伝えたかったからです。

シューズのフィット感に対する“違和感”は、何kmも走り続けるランニングの場面において、必ず足のトラブルに繋がってきます。

多少面倒に感じても、ランニングシューズを選ぶ際には、必ず試し履きをおこなうようにしましょう。

試し履きの「タイミング」

「試し履きに“タイミング”なんてあるの?」と思った方もいると思います。

結論から言うと、試し履きをおこなうときは「夕方以降」の時間帯がおすすめです。

アーチ(土踏まず)の高さは、足の疲れと同時に、徐々に“下がって”きます。

そのため朝や日中に比べ、夕方以降の時間帯はアーチが低くなりやすく、足が広がった状態にあると言えます。

0.5cm程度足が大きくなることもあるので、夕方以降に時間が取れない方でも、なるべく“午後”に試し履きをおこなってみてください。

仕事の都合上、夜勤が多い方の場合だと、逆に“午前中”が試し履きのタイミングとしてはベターだと言えます。

手順1|シューズを「正しく履く」

これから、試し履きの具体的な手順について説明していきます。

最初に、シューズの正しい履き方」を紹介します。

シューズの履き方
  1. 靴ひもを緩め、シューズに足を入れる(絶対にカカトは踏まないように注意!)
  2. 自分のカカトと、シューズのカカトをきちんと合わせる
  3. 緩めた靴ひもを、つま先側から順に締めていく(キツく締めすぎないように注意)
  4. シューズの上の方まで締め終えたところで、靴ひもを結ぶ
  5. 片足だけでなく、両足でシューズを試し履きする

シューズを履き終えたら、次に、試し履きで確認しておきたい5つのポイントについて説明していきます。

手順2|「5つのポイント」をチェックする

正しくランニングシューズを履いた状態で、「5つのポイント」をチェックしていきましょう。

5つのポイントをチェック!
  1. 「つま先」とシューズのあいだに隙間をつくれているか?(約1cm〜1.5cm程度、“手の指一本分の幅”が目安)
  2. 「横幅」が窮屈でないか?(“親指”や“小指”の付け根部分が、窮屈でないか確認)
  3. 「カカト」が浮いてこないか?(カカトが緩くないかをチェック)
  4. 「アーチ」に違和感がないか?(アーチ、つまり“土踏まず”の部分に違和感や窮屈さがないか確認)
  5. 「足の甲」に圧迫感がないか?(一般的に、日本人の足の甲は、“高い”とされています、圧迫感がないかをチェックしましょう)

ススム

座った状態だけでなく、立ったり、歩いたりしても問題がないか、入念にチェックしましょう。

シューズの横幅は「A・B・C・D・E・2E・3E・4E・F・G」で表され、メンズは「2E」、ウィメンズは「E」が標準的なサイズになります。

試し履きの際、シューズの横幅が合わない場合、幅の広いワイドモデル(メンズは3E〜4E、ウィメンズは2E)や、幅の狭いスリムモデル(メンズはE〜D、ウィメンズはD〜C)を試してみましょう。

迷ったら「大きめ」のサイズがベター!

ランニングシューズを試し履きした際、微妙なサイズの違いで、シューズの選択に迷ったとします。

迷ったときは、「大きい方」のサイズを選ぶことがおすすめです。

その理由について、説明していきます。

大きいサイズがおすすめな理由

ランニングシューズのサイズは、小さめより、大きめがベターです。

なぜなら、大きめのシューズは、あとからサイズの調整が利くからです。

その理由としては、2点挙げられます。

  • 「靴ひも」でフィット感UP(靴ひもを締めることで、大きめのシューズでも、足にしっかり密着させられる)
  • 「インソール」で中の広さを調整できる(インソールとは、“中敷き”のことです、厚めのタイプに交換すれば、シューズ内の隙間を多少埋められます)

上記の理由から、大きめのシューズを選んでおくと、“サイズの幅”に融通が利き、サイズ選びのミスが減ります。

あくまで、自分の足のサイズ+1cmのシューズを選び、しっかり試し履きまで終えていることが前提です。

単に大きいシューズを選べばいいわけではないので、その点だけ注意しましょう。

まとめ

この記事では、ランニング初心者の方を対象に、ランニングシューズを購入する際の正しいサイズの選び方について説明してきました。

記事の内容をサラッとまとめます。

正しい「サイズの選び方」まとめ
  • ランニングシューズのサイズの目安は「足のサイズ+1cm」
  • 【ステップ1】まずは自分の「足のサイズを測る」(スポーツ店で測ることがおすすめ)
  • 【ステップ2】午後、または夕方以降の時間帯に、ランニングシューズを「試し履き」する
  • シューズを正しく履いたあと、「5つのポイント」を確認(①つま先、②横幅、③カカト、④土踏まず、⑤足の甲)
  • サイズ選びで迷ったら、小さめより「大きめ」のシューズを選ぶ(あとで靴ひもや、インソールでフィット感を調整できる)

適正サイズのランニングシューズを選ぶことで、靴擦れマメ爪下血腫(そうかけっしゅ)といった、足のトラブルを回避できます。

記事の内容をもとに、自分の足にピッタリ合うシューズを手に入れ、快適なランニング生活をスタートさせましょう!

具体的なシューズ選びがまだの方には、「【超定番】ランニングシューズのおすすめ3選」の記事がおすすめです。

シューズ選びのヒントに、ぜひ活用してみてください。