Uncategorized PR

秋のランニングの服装4選!寒暖差や秋雨に備えられる便利アイテムを紹介!

記事内のリンクには広告が含まれています

季節の変わり目である秋のシーズン。

まだ暑さが続くかと思えば、急に肌寒い日がやってくることも……。

そういった特徴から、秋の服装選びで悩むランナーの方は多いのでは?

この記事では、秋のランニングを快適にしてくれる4つの便利アイテムを紹介します。

便利アイテム4選
  1. 長袖シャツ(ハーフジップ付き)
  2. ウィンドブレーカー
  3. ロングパンツ
  4. 手袋

自身、ラン歴10年の市民ランナーです。

経験をもとに、寒暖差秋雨の対策に役立つアイテムを厳選しました。

さらに秋シーズンにランニングをおこなう際の注意点についても解説します。

「スポーツの秋」にランニングを全力で楽しみたい方は、ぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

前提

ランニングの基本装備であるTシャツやランパン、帽子、ランニングシューズなどはすでにもっていることを前提とします。

残暑が厳しい日は、上記の服装で走るかたちでOKです。

それらのアイテムとは別に、

  • 寒暖差への対応
  • 雨への簡易的な対策(秋は降水量が多い傾向にあるため※)

※参考:気象庁|日本の天候の概説

2つのポイントをクリアするためのアイテムをピックアップしました。

便利アイテム4選

秋のランニングシーズンで活躍する、4つの便利アイテムを紹介していきます。

1.ハーフジップ付き長袖シャツ

ナイキのハーフジップ付き長袖シャツ(黒色)を床に置いた写真

最初に紹介するのが、ハーフジップ付きの長袖シャツ

夏に比べて秋は気温が低いため、半袖の代わりに長袖のウェアが必要になるのはイメージしやすいと思います。

ここでの大事なポイントが、胸元にジッパーが付いた製品を選ぶこと。

長袖×ハーフジップの利点
  • 長袖シャツとしての保温力をもつ
  • 一方で、ジッパーを開けることで涼しさも得られる

「今日はいつもより寒い気がする……」と判断し、長袖シャツを着てランニングを始めたとします。

その結果、思いのほか暑くてストレスを感じてしまうケースはよくある失敗パターンのひとつです。

ハーフジップのシャツであれば、

「寒い?それとも走れば暑い?」と服装選びのジャッジが難しい場面において、優れた対応力を発揮します。

秋のランニングに備え、長袖シャツを購入する予定の方は、ぜひハーフジップのアイテムを検討してみてはいかがでしょうか。

2.ウィンドブレーカー

次に紹介するのが、ウィンドブレーカー

ロングシャツだけで寒さを防げない日は、サラッと羽織れるアウターを用意しておくと便利です。

ウィンドブレーカーのメリットは以下のとおり。

3つのメリット
  • 軽量で走りやすい
  • 防風性によって熱を守れる(とは言え、暑すぎなくてgood)
  • 撥水性が備わるモデルであれば多少の雨なら平気

ススム

寒さと雨をダブルでしのげる優秀なアイテムです。

汎用性が高く、秋だけではなくオールシーズン使える点も大きな魅力。

役立つこと必至のアイテムなので、まだ用意していない方はぜひゲットしておきましょう。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥11,548 (2024/02/21 22:29時点 | Amazon調べ)

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥11,493 (2024/02/26 15:50時点 | Amazon調べ)

3.ロングパンツ

寒さが増す秋の季節においては、ロングパンツも欠かせない存在。

選ぶときは以下のポイントを確認しましょう。

  • ストレッチ性があるか?(動きやすさに繋がる)
  • 撥水性が備わっているか?(雨への対策)

イチオシ商品の具体例を載せておくので、気になった方はチェックしてみてください。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥11,330 (2024/02/26 15:50時点 | Amazon調べ)

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥14,520 (2024/02/21 22:29時点 | Amazon調べ)

冬でも外で積極的に走る予定の方であれば、パンツにも防風性が備わったモデルを選んでおくのがいいでしょう。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥8,084 (2024/02/21 22:29時点 | Amazon調べ)

4.手袋

ラスト4つ目に紹介するのが手袋

秋のランニングシーンで大活躍する小物です。

手袋の魅力
  • 手軽に寒さ対策が可能
  • 軽量&コンパクト、暑いときはポケットに“サッ”と仕舞える

走りながら自由に着脱できるため、予期せぬ気温差に対応するにはうってつけのアイテムと言えるでしょう。

  • スマホ操作への対応
  • 滑り止め付き

これらの条件を満たす製品を選んでおくと、さらなる利便性アップが期待できます。

購入時によければ参考にしてみてください。

秋に走るときの注意点

ここからは、秋にランニングをおこなう際の注意点について説明していきます。

①天気予報をこまめにチェックすべし

季節の移り変わりの時期に対応するには、天気予報をこまめにチェックすることが大事です。

数日間、たとえ同じような天候が続いたとしても油断は禁物。

気温の変化をよく確認してからウェアを選択しましょう。

②寒い日はからだをほぐしてから走ろう

だんだんと気温が低下していく秋の季節。

寒さを感じた日は、ケガの発生にも注意が必要です。

からだが冷えた状態のまま、急に激しいトレーニングを実施するのはNG。

すぐに走り出したい気持ちをグッとこらえ、準備運動をしっかりおこなってからランニングを楽しみましょう。

③日が短い点にも注意

秋のランニングでは、日の短さにも気をつけなければなりません。

たとえば夕方5〜6時に仕事を終えてから、ランニングをおこなうのが日課の方がいたとします。

その場合、以前は明るかった時間帯でも、秋シーズンだとすでに外が暗くなっている可能性も……。

安全にランニングを楽しむためには、反射材やライトなどの道具が必須と言えるでしょう。

夜のランニングの服装」について分かりやすく解説した記事を用意しています。

夕方に走る習慣をもつランナーは、ぜひこちらもチェックしてみてください。

ススム

安心・快適にランニングを楽しむために、これら3つのポイントを意識してみてくださいね。

まとめ

この記事では、秋のランニングの服装に取り入れたい、4つの便利アイテムを紹介してきました。

アイテム4選

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥11,548 (2024/02/21 22:29時点 | Amazon調べ)

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥11,493 (2024/02/26 15:50時点 | Amazon調べ)

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥11,330 (2024/02/26 15:50時点 | Amazon調べ)

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥14,520 (2024/02/21 22:29時点 | Amazon調べ)

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥8,084 (2024/02/21 22:29時点 | Amazon調べ)

走る際の注意点
  • 天気予報をチェックしよう(気温の変化を確認すべし)
  • 準備運動してから走ろう(ケガ防止に役立つ)
  • 日が短い点にも注意(夜ランの服装を用意しよう)

秋は暑さと寒さの判断が難しく、服装選びに迷うことも多いでしょう。

ですがその部分さえクリアできれば、ある意味「暑すぎず、寒すぎない」非常に走りやすい季節と言えます。

記事で紹介した服装を参考に、ランニングのベストシーズンを存分に満喫してくださいね!

PS.

秋はマラソン大会が盛んに開かれる時期でもあります。

当サイト「ランイズム」では、マラソン大会に挑戦する方を対象に「10kmハーフマラソンフルマラソン」の攻略法についても解説しています。

ほかにも「大会に必要な持ち物」についてまとめた記事を用意しているので、興味のある方はぜひこちらも活用してみてください。