Uncategorized

ランニングが続かない「5つの理由」とは?おすすめの「解決策」を紹介!

みなさんのなかに、「ランニングが上手く続かない… 」と悩んでいる方はいませんか?

自分自身、ラン歴10年のランナーです。

これまでランニングの継続に対し、多くの挫折を味わってきました。

自らの経験則として、「ランニングが続かない問題」には、以下の「5つの理由」が考えられます。

ランニングが続かない「5つの理由」
  1. 走るのが「ツラく」感じる
  2. 走っていて「退屈」
  3. 「モチベーション」を維持できない
  4. 走る「時間」がない
  5. 足の「ケガ」による離脱

上記のどれかに該当する方であれば、記事を読むことで「ランニング継続」に対する悩みを解決できるはずです。

それぞれの理由に対する「原因」や、おすすめの「解決策」について、詳しく解説していきます。

「せっかく始めたランニング…… 諦めずに続けてみたい!」

と思っている方は、このあと紹介する内容をぜひ実践してみてください。

理由その1|走るのがツラく感じる

ランニングが続かない理由のひとつに、走るのが「ツラく感じる」ことが挙げられます。

その原因と、解決策について説明していきます。

原因|“目標設定”を間違えている

ランニングがツラく感じる原因として、「目標設定」のやり方を間違えていることが考えられます。

よくある

  • 「毎日」走らなければいけない
  • 「30分」以上走らなければいけない

といった思い込みはすべてNG。

ランニングを始めて間もない方には、ハードルが高すぎます

ランニングを無理なく続けるには、そういった思い込みに縛られず、「正しい知識」を身につけることが大事です。

解決策|ランニングの「目安」を知る

ランニングを続けるには正しい知識、つまり初心者に最適な「目安」を知ることが重要です。

初心者ランナーの場合、一度のランニングで

  • 時間「10分〜30分」
  • 距離「1km〜5km」

を目指すのがおすすめです。

「少しもの足りない…」 と思った方もいるかも知れません。

しかし日頃トレーニングをしている方でもない限り、十分です。

ほぼ確実に

  • 筋力UP
  • 心肺機能向上
  • 脂肪燃焼

といった効果が得られます。

また頻度に関しては、毎日走る必要はありません。

週に2〜3回もこなせればOKです。

ススム

そのほうが、かえってケガのリスクを抑えられます。

あまり厳しい基準を設けないことがポイントです。

「“絶対”クリアできる!」と思える目標からスタートし、少しずつレベルUPを図りましょう。

「ランニングのやり方」に関する詳細ページを掲載しておきます。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

理由その2|走っていて退屈

ランニングが続かない理由に、「走っていて退屈」という点が挙げられます。

その原因と、解決策について解説していきます。

原因|“走るだけ”になっている

ランニングはとにかくシンプルなスポーツです。

ただ“走るだけ”では、よほど性格に合っていない限り、当然飽きてしまいます。

ランニングを飽きずに続けるには、楽しむための工夫が必要になります。

解決策|「音楽」を聴くのがおすすめ

ランニングを楽しむテクニックとして、「音楽を聴くこと」がおすすめです。

好きな曲を聴いて走ると、退屈せずにランニングがおこなえます。

音楽に集中するうちに、目標距離を「いつの間にか走り終えていた」なんてことも珍しくありません。

ほかにも選曲次第で、より積極的に走れたり、あるいはリラックスして走れたりといった効果も期待できます。

ススム

楽しむ方法としてはもちろん、トレーニング効果を高める手段としても有効です。

ランニングの楽しみ方として、「ランニング×音楽」の組み合わせは言わば定番。

まだ試していない方は、ぜひ実践してみてください。

補足として、ランニング中に音楽を楽しむ場合、イヤホンの存在は必須です。

実際に自分も使用している、おすすめの「ランニング用イヤホン」の記事を載せておきます。

よければ参考にしてみてください。

理由その3|走るモチベーションが続かない

ランニングに対し、ツラく感じているわけでもなく、楽しみ方もそこそこ知っている。

なのに、「意欲が長続きしない…」

と悩んでいる方にアドバイスをしていきます。

原因|成長を“実感できていない”

ランニングに対する、モチベーション低下の原因に、自分の成長を「実感できていない」ことが考えられます。

成長の感覚が得られないと、

  • 「走った効果って、ちゃんと出てるのかな…?」
  • 「もしかして、無意味なことをしているのかも…」

とネガティブな思考に陥ってしまいます。

そんなとき自分の成長の手応えを得られていれば、走る意味で迷うことも少なくなります。

解決策|「ランニングノート」を書く

ランニングの成長を感じる方法に、「ランニングノート」を書くことをおすすめします。

走った内容(時間・距離など)を、日々ノートに記録することで、成長に対するわずかな変化も見逃しません。

ノートを書き始めると、自分の努力を「可視化(見える化)」できるため、より成長を実感しやすいメリットも得られます。

ススム

誰でも気軽に始められる手法なので、ぜひ今日からでもスタートしてみてください。

「ランニングノートの詳しい書き方」についての記事を載せておきます。

興味をもった方は、ぜひ覗いてみてください。

理由その4|走る時間がない

初心者ランナーのなかには、「走る時間がない」という理由から、ランニングが続かない方も多いのではないでしょうか?

そういった場合の原因や、解決策について説明していきます。

原因|行動に“優先順位”をつけていない

時間がない… と悩むランナーのなかには、行動に対する「優先順位」をつけるのが苦手な方がいます。

たとえばランニング以外に、「ゲームや映画鑑賞、読書も楽しみたい!」 と思った方がいたとします。

しかし、時間というのは有限です。

毎日「やりたいこと」をすべておこなうのは無理があります。

ランニングを続けたいのであれば、“ハッキリ”走ることを優先させましょう。

具体的にはランニングの時間をつくるために、別の習慣を「やめるor減らす」努力が必要です。

ススム

「なにかを得るために、なにかを手放す」トレードオフの考えを実践しましょう。

自分がランニングのために実施した「トレードオフ」の例

解決策|「エッセンシャル思考」を身につける

先ほど紹介した、トレードオフの考えを聞いて

「そんな“ストイック”な選択できないよ!」

と思った方に質問です。

  • 今の生活に、新たにランニングの時間を加える
  • ランニングのために、優先度の低い行動を減らす

長期的にみて“キツい”のは、一体どちらの選択でしょうか?

後者は一見、ストイックな判断に思えます。

しかし難しいのは最初の「選ぶ」部分だけ。

一旦行動に優先順位をつけてしまえば、心身ともにゆとりが生まれ、ランニングが長続きします。

行動を選択し、それに集中することで、より人生が豊かになる。

そのような考え方や、実践方法を、自分はすべて『エッセンシャル思考』という一冊の本から学びました。

ススム

今現在「忙しい」と感じている方にこそ、おすすめしたい本です。

気になった方はぜひ一度読んでみてください。

理由その5|足のケガによる離脱

ランニングが続かない理由のひとつに、「足のケガ」による長期離脱と、それにともなう意欲の低下が挙げられます。

ケガの原因と、その解決策について説明していきます。

原因|“疲労”の蓄積

ランナーに起こりがちな、ケガの例を見ていきます。

  • 腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)=膝の痛み
  • 足底筋膜炎(そくていきんまくえん)=足裏の痛み
  • シンスプリント=スネの痛み

上記のケガが発生する原因に、足への「疲労」の蓄積が考えられます。

裏を返せば、

  • 毎日の身体ケア
  • 足の負担が少ないシューズ選び

といった行動で、ある程度ケガのリスクを抑えられるわけです。

解決策①|「お風呂(入浴)」がおすすめ

身体のケア方法は多岐にわたります。

しかし敢えてひとつ紹介するのであれば、「お風呂(入浴)」がおすすめ。

と言うのも、なにか特別な道具を必要とせず、誰でも簡単におこなえる方法だからです。

湯船に浸かるだけで、身体が温まることによる「血流促進効果」や、水圧による「マッサージ効果」が得られます。

ススム

ほかにも半身浴や交代浴といった、疲労回復に効く「入浴テクニック」も存在します。

どれも気軽におこなえる方法なので、よければ参考にしてみてください。

解決策②|ランニングシューズを替えてみる

それでも足のケガに悩む方であれば、別の方法を試すのもひとつの手です。

「ケガ防止」が期待できるランニングシューズをご存知ですか?

『ナイキ リアクト インフィニティラン』といって、「怪我ゼロ」を目指して開発されたモデルが存在します。

ススム

自分も気に入っていて、めちゃくちゃ履き込んでいます。

もし興味のある方は、レビュー記事がありますので、よければチェックしてみてください。

まとめ

この記事では「ランニングが続かない… 」と悩むランナーを対象に、その5つの理由と、原因、解決策について説明してきました。

ランニングが続かない「5つの理由」
  1. ツラく感じる(何分、何km走らなければ!といった思い込みを捨て、適度な目安を知ることが大事)
  2. 走るのが退屈(飽きずに走るには、「音楽」を聴くことがおすすめ)
  3. モチベーションが続かない(成長の手応えをつかむために、ランニングノートが有効)
  4. 時間がない(ランニングのために「なにを手放すのか?」トレードオフを意識しよう)
  5. 足のケガによる離脱(原因に疲労の蓄積が考えられる、日々の入浴によって身体をケアしよう)

ランニングが続かない理由はたくさんあります。

しかし原因を見極め、自分に合った解決策を取り入れることで、誰でもランニングの継続が可能です。

この記事を読んでくれた方のなかには、ランニングを頑張り「自分の目標を達成したい」と思っているランナーも多いはず。

たとえばマラソン大会への挑戦であったり、ダイエットに取り組んだり、人によっていろいろ目指すものがあると思います。

ランニングが続けられると、少しずつそのゴールが見えてきます。

記事のなかで、どれかひとつでも役立つ解決策があったら、ぜひ実際に試してみてください。